甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2016年夏に甲子園出場を果たした広島新庄の主な選手たちのその後を紹介する。

投手 堀 瑞輝 3年(北海道日本ハム)2016年1位
捕手 古本 幸希 3年(九州共立大-富山GRNサンダーバーズ)
内野手 杉村 泰嘉 3年(法政大)
内野手 古川 智也 1年(慶應大)
内野手 小河 虎之介 3年(九州産業大)
内野手 田中 亮太 3年(関西学院大)
外野手 田中 政範 3年(龍谷大)
外野手 北谷 奨吾 3年(福岡大)
外野手 河内 恭英 1年(専修大)

 エース・堀 瑞輝はU18日本代表にも選出され、アジア選手権では2試合に救援登板し、9回2/3で18奪三振と好投した。その後いわて国体では自己最速となる150キロをマークし、2016年のドラフトで北海道日本ハムに1位指名を受けた。

 堀の女房役を務めた古本 幸希は九州共立大を経てこの春から富山GRNサンダーバーズに入団し独立リーグからNPB入りを狙う。

 そして当時1年生で「2番・三塁手」としてスタメンに名を連ねた古川 智也は慶應大へ進学。昨年夏に行われた春季リーグ、立教大との1回戦でリーグ戦初出場を果たし、今季は法政大との2回戦で初のスタメン出場を記録。現在7試合に出場している。

 プロ入りを果たした堀、独立リーガーとしても道を進む古本と上の舞台でも活躍を続けている2016年の広島新庄ナイン。今後の成長ぶりも見逃せない。