リーグ戦通算40回の優勝を誇る明治大。21年度の新入生が公開された。毎年、明治大の新入生は凄いと評判だが、合格者はどんな実績を残しているのか、どんな選手なのかを紹介していきたい。


【投手】
浅利 太門(興國
菊地 竜雅常総学院
千葉 汐凱千葉黎明
藤江 星河大阪桐蔭
松島 元希中京大中京
山田 翔太札幌第一

 浅利は角度ある140キロ前半の速球、切れのある変化球を投げ分けて打たせてとる投球を見せる本格派右腕。

 菊地は182センチ90キロと恵まれた体格から最速152キロの直球とフォークを武器にする大型右腕で、昨年のドラフト候補だったが、さらなるレベルアップのために大学進学を選択した。大学でもトップレベルの成績を残すことを期待したい。藤江は中学時代から日本代表を経験するなど実績十分。140キロ前後の速球とフォーク気味に握るチェンジアップで東海大相模相手にも好投を見せた技巧派左腕。高橋 宏斗と2枚看板を組んだ147キロ左腕・松島も期待がかかる。

 山田はセンバツ経験がある本格派右腕。130キロ後半の速球をさらに速くすることができるか。

【捕手】
中山 琉唯常総学院
横山 陽樹作新学院

 中山は小山ボーイズ時代、埼玉西武の仲三河選手とバッテリーを組んでいた巧打強肩捕手。

 横山は2年生ながらU-18代表に選ばれた強肩強打の外野手。プロ注目の捕手として注目されたが、大学進学を選択。



杉崎 成(東海大菅生)

【内野手】
池田 凛履正社
加藤 巧也大阪桐蔭
杉崎 成東海大菅生
水谷 公省(花巻東
宗山 塁広陵

 加藤は抜群のバットコントロールを武器に高い出塁率を誇る巧打の二塁手。

 池田も2年生で全国優勝経験があり、高い打撃技術で安打を量産。すぐにハイレベルな明治大でも戦力として期待できるセカンドだ。

 杉崎は打撃だけでいえば、高校生トップレベルのスラッガー。高校通算52本塁打の長打力は普段、木製バットを使用する東海大菅生の練習で築かれた。

 横浜隼人の水谷 哲也監督の息子である水谷は高校通算30本塁打を超えるスラッガー、宗山は1年から注目されたきた俊足好打の二塁手。明治神宮大会では奥川 恭伸の速球をクリーンヒットするなど対応力が広く、さらに俊敏な動きを見せる遊撃守備も一級品だ。

【外野手】
直井 宏路(桐光学園
山内 陽太郎米子東

 直井は抜群の俊足を武器にする好打の外野手。山内は投げては140キロ近く、打者としても強烈な打球を見せる左の強打者だ。

 超高校級の逸材が続々加入した明治大の新入生たちの活躍が楽しみだ。


(記事:河嶋 宗一


関連記事
プロ注目投手4名など全国レベルの投手が集結!東洋大新入生9投手がすごい!
DeNA選手の弟、超高校級遊撃手3名など國學院大期待の新入生18名!!
関東ナンバーワン右腕・篠木健太郎(木更津総合)を筆頭に法政大合格者15名が凄い!