選抜甲子園の発表まで残り2日となった。高校野球ファンにとっては発表が待ち遠しい限りであるが、今回は、選抜甲子園出場が濃厚な大阪桐蔭メンバーを見ていく。まずは秋季近畿大会決勝の智辯学園戦のスタメンとベンチ入メンバーを見ていき、その戦力を分析していきたい。

【秋季近畿地区大会決勝・智辯学園戦】
1番 二 繁永 晟(飯塚ボーイズ)
2番 左 野間 翔一郎(山口東シニア)
3番 三 宮下 隼輔(東海中央ボーイズ)
4番 中 池田 陵真(忠岡ボーイズ)
5番 一 前田 健伸(山口東シニア)
6番 右 花田 旭(西淀ボーイズ)
7番 遊 松尾 汐恩(京田辺ボーイズ)
8番 捕 田近 介人(東海ボーイズ)
9番 投 松浦 慶斗(旭川大雪ボーイズ)

藤原 夏暉(大阪和泉ボーイズ)
関戸 康介(長崎・佐世保市立広田中)
竹中 勇登(倉敷ビガーズ)
海老根 優大(京葉ボーイズ)
川井 泰志(桐生ボーイズ)
西川 音羽(三原中央シニア)
藤田 翔太(神戸中央シニア)
石川 雄大(忠岡ボーイズ)
小谷 太誠(鳥取中央シニア)
別所 孝亮(岐阜中濃ボーイズ)
山本颯大(河南シニア)

 投手陣は能力も経験も高い顔ぶれが並ぶ。150キロ左腕の松浦慶斗に154キロ右腕の関戸康介、1年時からマウンドに立つ竹中 勇登、その他にも川井 泰志西川 音羽といった投手もおり、隙のない陣容となっている。

 また打線も、4番の池田 陵真を中心に非常にバランスの良い打線となった。繁永 晟は俊足強打の核弾頭で、2番の野間 翔一郎小技だけで無くきっちり野手の間を抜く打球が打てる。宮下 隼輔前田 健伸にも一発長打があり、また決勝では松尾 汐恩がショートで先発出場したが、それまでは藤原 夏暉が堅い守りを見せていた。

 控え選手にもレギュラーに劣らない実力を持った選手が並び、出場が濃厚な選抜甲子園でもハイレベルな戦いを見せるだろう。

(記事=栗崎祐太朗)

関連記事
【智辯和歌山スタメン一覧】徳丸天晴を中心に高い総合力 近畿大会のスタメンと選手層を分析
【日大三スタメン一覧】秋季東京都大会決勝のスタメンと選手層を分析
【東海大相模スタメン一覧】秋季関東大会のスタメンと選手層を徹底分析