石川昂弥は高水準キープ!森敬斗、田部隼人のDeNA遊撃コンビが躍動!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.07

 7月に入り、各地で開催される高校野球の独自大会では、多くの球児たちが躍動を見せ始めている。彼らの中には今秋ドラフトで指名を受け、来年にはプロ野球選手としての第一歩を踏み出す選手もいることだろう。この連載では、そんな彼らの先輩である「高卒新人」に焦点を当て、そのファーム成績を追いかける。第3回では、野手を見ていこう。

OPSでは石川らが上位進出するが気になる高卒野手も



左から、森敬斗、石川昂弥、田部隼人

 開幕してから約3週間が経ったが、7月5日終了時点で規定打席に到達している高卒新人野手は9名。中でもオリックスの紅林 弘太郎駿河総合)が最多の11試合、47打席に立つなど、出場数という点では一歩リードしている。次いで広島・韮沢 雄也花咲徳栄)、阪神・井上 広大履正社)、中日・石川 昂弥東邦)らが30打席以上に立った。


 続いて彼らのOPSを見ていこう。この連載ではOPSを0.800以上、0.799~0.600、0.6未満の3グループに分けて考察しているが、0.6以上を記録したのは3名のみであった。トップの石川(0.777)は打率.259、長打率.444、出塁率.333と、ここまでの成績としては申し分ない数字と言えるだろう。7月2日には初ホームランも放っており、その長打力も示しつつある。四球を高卒新人トップの3つ選べていることも、好成績の要因の一つだろう。

 2位(0.738)の井上は、ファームの四番として出場を続けており、7月2日の広島戦では逆方向への一発も放った。8試合で7打点と勝負強さも見せており、将来の四番候補としての期待が膨らむ。3位(0.666)の中日・岡林 勇希菰野)は、全て単打ながら22打数7安打で打率.318をマーク。長打が出るようになれば、一気に石川、井上を抜く可能性もある。

 規定打席にこそ届いていないが、目覚ましい活躍を見せる選手も出てきた。広島東洋の育成2位の木下 元秀敦賀気比)は、20打数5安打、1本塁打を放つなどOPS0.718をマーク。率という面では、同期の韮澤を上回っている。

 また、横浜DeNAの遊撃コンビの活躍も見逃せない。ドラフト1位の森 敬斗桐蔭学園)はまだ出場数は少ないが、初安打となるホームランを逆方向に叩き込むなど、大器の片鱗を見せた。その森を上回る活躍を見せているのが、ドラフト5位の田部 隼人開星)だ。7試合で19打数7安打、打率.389、OPSは石川を上回る0.778をマークした。同世代で同じポジションを争うライバル同士、今後の成長が楽しみでならない。

 ドラフト上位の選手たちが期待通りの活躍を見せる一方で、東京ヤクルトの武岡 龍世八戸学院光星)や木下のように、下位や育成指名ながら活躍を見せる選手もいる。まだまだ出場数が少ない選手、出場自体がない選手も多いが、シーズンが終了する頃には彼らの名前が上位に来ている、ということもあるかもしれない。これからの展開にも、要注目だ。

データ協力: やきうのおじさん(@yakuunoojisan
Twitterで野球の分析を行う。本記事のデータはすべて日本野球機構(NPB)のオープンデータを使用。

(記事=林 龍也)


関連記事
山本由伸(都城出身)が世代のトップランナーに、高卒4年目の現在地
巨人から久々に誕生した高卒の本格派右腕・戸郷翔征(聖心ウルスラ学園出身)
巨人・戸郷が注目株!宮崎県出身の中位・下位指名からの活躍選手を振り返る

【関連記事】
強力打線を支える技巧派左腕・高森陽生が明石商戦からの1年間で歩んできた足跡に迫る! 【ニュース - インタビュー】
盗塁タイムは3秒前後!明徳に現れたスピードスター・奥野翔琉の盗塁の極意に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第1230回 強打の花咲徳栄を支える技巧派エース・高森陽生。レベルアップの鍵となったのは指先と体重移動だった 【2020年インタビュー】
花咲徳栄vs大分商【2020年甲子園高校野球交流試合】
履正社vs信太【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第1172回 なぜ吉田正尚(オリックス)は強打と高コンタクトを両立できるのか?【後編】 【2020年インタビュー】
第1172回 NPBを代表するスラッガー・吉田正尚(オリックス)が実践する不調時の修正法と一流投手への対応策【前編】 【2020年インタビュー】
第16回 甲子園春夏通算16回出場を誇る敦賀気比の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第5回 思い通りにならなかった桐蔭時代、それでも最後までやり抜いた経験が財産となる。プロを経験し経営者として活躍 株式会社GSL・小野剛社長(桐蔭学園OB)【人生で大切なことは高校野球から教わった】
第6回 愛知県注目の公立高校!愛知私学4強にも負けない魅力があった!【愛知の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1146回 元プロを父に持つ中学通算本塁打20本以上の長距離砲 小野勝利(狭山西武ボーイズ)が狙うは高卒プロ入り 【2020年インタビュー】
第1136回 秋季千葉大会3完封でブレイクの竹内将悟(拓大紅陵) 関東での悔しさ糧に「野手を助けられる投手に」 【2020年インタビュー】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
岡林 勇希(菰野) 【選手名鑑】
木下 元秀(敦賀気比) 【選手名鑑】
紅林 弘太郎(駿河総合) 【選手名鑑】
武岡 龍世(八戸学院光星) 【選手名鑑】
田部 隼人(開星) 【選手名鑑】
韮沢 雄也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
森 敬斗(桐蔭学園) 【選手名鑑】
開星 【高校別データ】
菰野 【高校別データ】
駿河総合 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
いよいよ沖縄明日開幕!大波乱の昨夏の沖縄大会を振り返る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る