第4回 WBSC U-15 ワールドカップに出場し、4位という成績に終わったU-15日本代表。だが、中学野球最高峰の選手たちが見せたプレーは、将来を大きく期待させるものであった。

 今回はその中で、3人の投手をピックアップして紹介していきたい。紹介する投手は、畔柳 亨丞(くろやなぎ きょうすけ SASUKE名古屋ヤング)、本田 峻也(ほんだ しゅんや 小松加賀リトルシニア)、藤森 粋七丞(ふじもり いきなすけ 青森山田リトルシニア)の3人。

 SASUKE名古屋ヤングの畔柳 亨丞は、最速140キロを誇る本格派だ。大会では初戦のオーストラリア戦に登板し、3回無失点に抑える好投を見せた。

 変則サウスポー・本田 峻也投手は、インステップに踏み込む独特のフォームに驚かされる。大会では9試合中5試合にリリーフとして登板し、好投を見せた。海外の選手も、その独特の軌道に驚いたことだろう。

 青森山田リトルシニアの藤森 粋七丞もまた、質の高いストレートを投げ込む本格派だ。最速は140キロだが、それ以上に球のキレが素晴らしく、本格派として期待が懸かる。

 3人の選手たちはいずれも、この春から高校野球へと舞台を移す。このうち、一体何人の投手が甲子園のマウンドに立つことになるのだろうか。3人のこれからに期待したい。

文=栗崎 祐太朗