トーナメント表
近畿大会の勝ち上がり

 春季近畿地区高等学校野球大会(和歌山)は22日、1回戦が行われた。

 今センバツで優勝した大阪桐蔭が7回コールドの9対0で県立和歌山商に圧勝した。初回から2イニング連続で3得点。中盤にも得点を重ね14安打を浴びせる猛攻劇で、公式戦28連勝を飾った。

 初回はプロ注目の3番・松尾 汐恩捕手(3年)が左翼越えの2ランで先制。2回は3連打などで得点を重ねた。松尾は4打数3安打2打点、6番・星子 天真内野手(3年)も4打数3安打1打点の活躍を見せた。

 今センバツ準優勝の近江(滋賀)は6対0で奈良大附を破った。初回に1点を先制すると2回に2点を追加。6回に3点を奪って勝負をつけた。センバツでもブレークした山田 陽翔投手(3年)が先発して6回途中、わずか1安打無失点の好投でチームの0封勝利に貢献した。

 準決勝は28日に予定されている。第1試合は智辯和歌山報徳学園で、第2試合は大阪桐蔭近江と、センバツ決勝のカード再現となった。

■大会の詳細・応援メッセージ
令和4年度 春季近畿地区高等学校野球大会

■5月22日の試合

令和4年度 春季近畿地区高等学校野球大会

令和4年度 春季近畿地区高等学校野球大会
1回戦 大阪桐蔭    9  -  0    県立和歌山商 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ
近江    6  -  0    奈良大附 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ

■5月28日の試合

令和4年度 春季近畿地区高等学校野球大会

令和4年度 春季近畿地区高等学校野球大会
準決勝 智辯和歌山    5  -  4    報徳学園 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ
大阪桐蔭 11  -  2    近江 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ