トーナメント表
四国大会の勝ち上がり

香川トーナメント表
英明、大手前高松などが属するブロック
高松商、尽誠学園などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

徳島トーナメント表
徳島商、徳島科学技術などが属するブロック
阿南光、池田などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

愛媛トーナメント表
西条、川之江などが属する東予地区予選
済美、聖カタリナ、新田などが属する中予地区予選
宇和島東、帝京第五などが属する南予地区予選
県大会の組み合わせ

高知トーナメント表
明徳義塾、土佐塾などが属するブロック
高知商、高知中央などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

 春季四国地区高校野球大会(徳島)は30日、決勝を行い、鳴門(徳島)が明徳義塾(高知)を延長14回タイブレークの末に6対5で破って33年ぶり3度目の優勝を果たした。

 4回に1点を先制したが、6回に逆転を許す展開。しかし7回に敵失で同点として2対2で延長戦に突入した。

 10回に1点ずつ、11回にも1点ずつを取り合う、互いに一歩も譲らない展開で14回まで及んだ。14回表も明徳義塾は押し出し四球で1点を奪ったが、その裏に鳴門が1死満塁から4番 の前田 一輝外野手(3年)が左越えの逆転の2点適時サヨナラ打を放って歓喜の瞬間を迎えた。

■4月30日の試合

第75回 春季四国地区高等学校野球大会

第75回 春季四国地区高等学校野球大会
決勝 鳴門    6  -  5    明徳義塾 むつみスタジアム 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
第75回 春季四国地区高等学校野球大会