東京六大学の強豪・立教大の卒業生の進路が決まった。

 今年はエースの荘司 康誠投手(新潟明訓出身)が楽天1位指名を受けたが、その他のプロ志望選手の継続も決まっている。

 注目度No.1のスラッガー・山田 健太内野手(大阪桐蔭出身)は日本生命への入社が決まった。高校以来となる大阪の地でプレーする山田はスラッガーとして輝くことができるか。

 また、リリーフエースとして活躍した宮 海土投手(國學院栃木出身)、俊足巧打の道原 慧外野手(駒大苫小牧出身)はともにNTT東日本の入社が決まっている。

 プロ志望以外の選手も含めると、9選手が硬式野球継続となっている。なお、その他、主務として活躍した大河原 すみれさんはNPB、副将としてチームを支えた佐藤 元内野手(福岡大大濠出身)は野村證券のに入社する。