山田 健太、矢澤 宏太、蛭間 拓哉

 6月18日から20日にかけて行われた大学日本代表選考合宿。見せ場となったのは、打撃練習だった。

 東京六大学通算12本塁打の早稲田大・蛭間 拓哉外野手(4年=浦和学院)、立教大の大型二塁手・山田 健太内野手(4年=大阪桐蔭)、日本体育大の二刀流・矢澤 宏太投手(4年=藤嶺藤沢)など、スラッガーたちの打撃はもちろん、合宿に参加した選手の打撃はレベルが高かった。

 高校野球ドットコムでは参加した野手の打撃練習、守備練習の模様をまとめている。

(動画を見る)