法政大・篠木 健太郎(2年=木更津総合)

 大学2年生ながら、最速157キロを計測する法政大・篠木 健太郎投手(木更津総合出身)。その出力の大きさはアマチュア投手の中でもNo.1だろう。

 1イニングだけの平均球速は抜けていて、大学選考合宿でも、157キロを出したイニングは150キロ〜155キロを当たり前のように出していた。しかし2イニング目になると140キロ後半に落ちて、コントロールも甘くなっていた。基本的にスライダーとのコンビネーションのため投球に緩急がない。打者からすれば、球数を投げさせて、甘いコースを一瞬で仕留める攻略法を取ることになるが、代表候補レベルとなるとこれをあっさり実践してしまう。篠木から3得点を入れた攻撃も、そのお手本のようだった。篠木には魅力的な部分は多くあるが、課題も多い。

 それでも篠木を代表に入れたのは将来へ向けての「投資」だろう。高校1年春の関東大会から見ているが、篠木はとにかく気持ちが強い分、投球内容まで空回りするところがある。感情、投球内容まで緩急をつけることができれば、もっと抑えられる投手になれる。

(動画を見る)