東京都に所属する強豪社会人チーム・鷺宮製作所が新人選手を発表した。

 前田 秀紀投手(聖光学院ー神奈川大)は、明治神宮大会でもリリーフとして活躍した。常に競った場面で登板し、コントロールも優れている。鷺宮製作所にとっては大きな戦力となりそうだ。

 大型左腕、渡邊 純太投手(履正社)は直球は130キロ後半だが、球速表示以上を感じさせる切れ味鋭いストレートが魅力。スライダーの切れもよく、さらにストレートがボリュームアップすれば、公式戦デビューも期待できる。プロ志望届を提出していた佐藤 大雅捕手(北海ー富士大)は、パワフルな強打と強肩が魅力。鹿倉 凜多朗捕手(東海大菅生ー武蔵大)は高校時代からディフェンス力の高さに定評があった。高校時代からバッテリーを組んできた山内 大輔投手とのコンビネーションは大学でも抜群だった。

 薮井 幹大外野手(市立和歌山ー国士舘大)は、下級生の時から活躍を見せていた右の巧打者。主に1番を打っていた本塁打を打てる実力派だ。

 バッテリーを中心に優秀な選手が入った鷺宮製作所。今季はどんな戦いを見せるのか。

(記事:河嶋 宗一