プロ野球が開幕して1ヶ月が過ぎた。昨年のドラフト会議で指名されたルーキーたちも、複数名が1軍デビューを果たしている。また1軍デビューはまだでも2軍で出場機会を得ている選手も多い。そこで各球団ルーキーたち(支配下のみ)のここまでの結果を振り返ってみたい。

 序盤から首位争いに加わっている楽天は、ドラフト2位の安田 悠馬捕手(須磨翔風ー愛知大)と、同6位の西垣 雅矢投手(報徳学園ー早稲田大)が1軍で出場機会を得た。

 安田は開幕1軍入りを果たすと、開幕戦で「8番・捕手」としてスタメン出場。最後までマスクをかぶった。翌日の試合では出場機会がなかったものの、開幕3試合目で再びスタメン出場を果たすと初安打を記録。さらに出場3試合目でプロ初本塁打もマークした。

 「打てる捕手」として期待が高まったものの新型コロナウイルス陽性判定を受け3月31日に登録を抹消された。すでに2軍戦では復帰を果たしており、4月23日の試合では1発も放った。打撃の好調さを維持しながら1軍昇格を目指す。

 西垣も安田と同様に開幕1軍スタートを勝ち取った。開幕戦でいきなり初登板のマウンドに登ると1回無失点と結果を残す。そのまま中継ぎとしてここまで5試合に登板し防御率3.60の内容。しかし4月9日の登板以降、なかなか出番がなく25日に登録を抹消された。

 その他の選手を見ると、ドラフト4位の泰 勝利投手(神村学園)をのぞき2軍では出場機会を得た。

 ドラフト1位の吉野 創士外野手(昌平)は4月19日に待望のデビューを果たす。2試合連続ノーヒットに終わるも22日の日本ハム戦で2安打をマークするなど、5試合で打率.375(8打数3安打)と好スタートを切った。一方、同3位の前田 銀治外野手(三島南)は19試合で打率1割台と打撃面で苦戦している。

 投手では松井 友飛投手(穴水ー金沢学院大)と吉川 雄大投手(広陵ー東海大ーJFE西日本)の2人が2軍でそれぞれ好結果を残している。中でも吉川は8試合の登板で失点したのは1試合のみ。その後は5試合連続で無失点投球を続けている。今年26歳になるオールドルーキーだけに1軍デビューを早めに勝ち取りたい。

(記事:勝田 聡)