プロ野球が開幕して1ヶ月が過ぎた。昨年のドラフト会議で指名されたルーキーたちも、複数名が1軍デビューを果たしている。また1軍デビューはまだでも2軍で出場機会を得ている選手も多い。そこで各球団ルーキーたち(支配下のみ)のここまでの結果を振り返ってみたい。

 広島はドラフト1位の黒原 拓未投手(智辯和歌山ー関西学院大)、同3位の中村 健人外野手(中京大中京ー慶應義塾大ートヨタ自動車)、同5位の松本 竜也投手(智辯学園ーHonda鈴鹿)、同6位の末包 昇大外野手(高松商ー東洋大ー大阪ガス)と7人のうち4人がすでに1軍で出場機会を得た。

 黒原と松本の両投手はいずれも中継ぎで8試合に登板。防御率2点台と結果を出している。ここまで勝ち負けはついておらず、ホールドも黒原の1つだけ。まだ僅差でリードしている場面での登板はほとんどない。

 だが、広島では新人の投手を勝ちパターンに抜擢することは珍しくない。比較的プレッシャーの少ない場面で結果を出し、勝ちパターンへの道を探ることになる。

 野手では中村と末包の2人が開幕1軍を勝ち取り、抹消されることなく帯同を続けている。末包は「7番・右翼」で開幕スタメンに抜擢されると、いきなり3安打猛打賞と鮮烈なデビューを飾った。その後、やや停滞しスタメンから外れる試合も増えた。

 しかし4月12日以来となるスタメン起用となった4月21日の巨人戦では2度目の猛打賞を達成。鈴木誠也(現カブス)の抜けた右翼のレギュラー争いに踏みとどまっている。一方の中村はここまで7試合の出場で1安打。末包と比べるとチャンスを与えられる機会が多くない。

 ドラフト2位の森 翔平投手(鳥取商ー関西大ー三菱重工West)、同4位の田村俊介外野手(愛工大名電)、同7位の髙木 翔斗捕手(県立岐阜商)は2軍で出場した。森はオープン戦で先発のチャンスを与えられながら結果を出すことができず、開幕2軍スタートとなった。しかし2軍では4試合で2勝を挙げており、先発ローテーション入りへ向けてアピールを続けている。

 田村と髙木はともに2軍でプロ初安打を記録した。髙木は捕手というポジションだけに 2軍で経験を積む1年となりそうだ。一方の田村は3月23日の出場を最後に2軍戦から遠ざかっている。

(記事=勝田 聡)