監督の長男が決勝打!東山が京都翔英との延長戦を制す



10回表に勝ち越しの2点適時打を放った尾迫翔人(東山)

<春季京都府高校野球大会:東山6-4京都翔英(延長10回)>◇8日◇準々決勝◇わかさスタジアム京都

 東山が延長戦の末に京都翔英を下した。

 東山は佐々木勇人(3年)、京都翔英は松山紘生(2年)と、ともに背番号10の右投手が先発。最速146キロを誇る東山のプロ注目右腕・橋本 翔太(3年)は4番左翼手で出場した。

 序盤は投手戦が続いた中で4回裏に京都翔英が相手のミスで1死満塁のチャンスを作ると、6番・藤末展熙(2年)の併殺崩れの間に1点を先制。さらに2死一、三塁から主将の7番・尾﨑中(3年)が右前適時打を放ち、追加点を挙げた。

 対する東山は直後の5回表、2死二、三塁から主将の1番・牧原優太(3年)の中前2点適時打で同点とすると、続く2番・尾迫翔人(2年)が四球を選んで一、二塁となったところで京都翔英はエースの竹内勇雅(3年)を投入。この代わり端を3番・樋口祐紀(3年)を捉え、右翼線への2点適時三塁打となり、東山が2点の勝ち越しに成功した。

 いきなり痛打を浴びた竹内だが、6回以降は緩急を上手く使った投球で9回まで東山打線を無安打に抑えると、京都翔英は6回裏に2死二塁から尾﨑の適時二塁打で1点差とする。さらに8回裏には2死三塁から代打の吉見陽輝(3年)の適時内野安打で同点に追いつき、試合は延長戦に突入した。

 10回表、東山は1死から連打で二、三塁のチャンスを作ると、尾迫大樹監督の長男・翔人が打席に立つ。「3年生がチャンスを作ってくれたので、強く振ることを意識しました」と1ストライクから外角の直球を捉え、中前2点適時打で勝ち越しに成功。その裏の京都翔英の攻撃を3人で抑えた東山が準決勝進出を決めた。

 東山は橋本を登板させず、佐々木、静本涼太(2年)、衣川翔太(2年)、内藤星太(3年)と4投手の継投で勝ち切った。「橋本も良い場面が来たら投げさせようと思っていましたが、他のピッチャーが頑張って最少失点に抑えてくれたので、夏に向けて良い経験になりました」と尾迫監督。自身の体調不良もあり、監督から部長に回っていた時期もあったが、指導陣で話し合った結果、今年4月から監督に復帰していた。

 監督復帰初年度が父子鷹での戦いとなった尾迫家。「それ(親子での甲子園出場)が目的で東山に入っているので、頑張りたいです」と決勝打を放った翔人は笑顔を見せる。20年ぶりの甲子園出場を目指す東山に注目が集まりそうだ。

(記事=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。