この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

桐光学園、県内屈指の好投手を攻略し、ベスト8へ



1番セカンド・篁哲郎(桐光学園)

 昨秋、準優勝の鎌倉学園と春準優勝の桐光学園の一戦。試合前から両チームともにかなり気合が入っている姿が見られた。

 この試合は桐光学園の野手陣がハイレベルなパフォーマンスで鎌倉学園を破った。

 3回裏、桐光学園の1番・篁 哲郎がレフト越えの二塁打でチャンスを作り、3番米山幸汰の犠飛で1点を先制。さらに4回裏にも4番石井の2点適時打などで4対0とする。

 5回表に2点を失ったが、その裏、バッテリーミスから1点を追加。8回裏には米山の貴重な左前適時打で6点目を挙げた。

 ここまで攻撃面のキープレイヤーを挙げると、1番篁、3番米山だろう。篁は2本の長打を打ったように対応力が非常に高い。速球にもついていくことができて、スイングも鋭く、遊撃の守備も安定ている。

 「まず先制点が欲しい場面だったので、しっかりと捉えることができました」と先制打の場面を振り返り、4回裏には痛烈な二塁打を放った場面については「速球投手(松本)との対戦でしたが、1年生から経験をさせてもらっているので、普段の練習からエースの針谷と対戦をしているので、そんなに速球への対応に苦労しなかったです」と語る。

 攻撃、守備どちらでも起点となるプレイヤーで、1回表にはピンチの場面でポジショニングの良さを発揮してライナー併殺を呼び込んだ。

 また篁の状況判断能力の高さを象徴する場面があった。ピンチであれば、ベンチの指示を待たず、内野手、バッテリーをマウンドに集めて、話し合った。桐光学園の野呂監督は篁の経験値、視野の広さを高く評価しており、マウンドに集めることも任せているという。篁は「1年生から経験をさせていただいているので、ああいった声掛けはやらせていただいてます」と語る。

 また3番・米山も痛烈な適時打を打ったように、インパクトに対してインサイドアウトで振り抜く打撃が魅力だ。その他にも攻守にバランスが取れた好捕手・石井など守備力が高い選手が多くいる。

 3回途中からマウンドに登ったエース・針谷は連投にも粘り強い投球を見せた。常時120キロ後半~130キロ中盤の速球は、指にかかった時はキレを感じさせた。連投の影響もあり、球威はなく、振り抜かれる打球も非常に多かったが、要所で締める投球で、経験値の高さを実感させられる投球だった。野呂監督も「良くも悪くも針谷らしい、粘っこい投球でした」と持ち味を発揮したエースの投球を評価した。

 次は桐蔭学園との対戦が決まった。前チームからの経験者が多く、かなり強力なチーム。激しい一戦が期待できそうだ。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています