大阪桐蔭の強打者たちも絶賛。近江の山田陽翔の技ありのピッチング



先発・山田 陽翔(近江)

<春季近畿地区高校野球大会:大阪桐蔭11-2近江>◇28日◇準決勝◇紀三井寺運動公園

 大阪桐蔭vs近江(滋賀)。センバツ決勝戦再現のカードに、球場の応援席を除いた内野席は満員。立ち見、通路で見る観客も多くいた。そんな中、行われた一戦は大阪桐蔭が大差で勝利したが、7回を終わった時点では2対2と見応えのある試合内容だった。

 近江のエース・山田 陽翔投手(3年)が万全ならば、大阪桐蔭打線に大量失点することはほぼない。そう思わせるほどの投球だった。速球は140キロ〜145キロ前後だが、山田の一番の持ち味は高速変化球を操る点にある。変化球は130キロ前後のカットボール、130キロ前半のツーシーム、130キロ前半のスプリット、120キロ台のカーブと、いずれも抜群の精度を誇り、高校生としてはレベルが高い。

 大阪桐蔭の1番・伊藤 櫂人内野手(3年)に対し、内角へのカットボールから入り、そしてスプリットで追い込んだ攻めは高校生のレベルを超えていた。甲子園で圧倒的な打撃を見せた大阪桐蔭を圧倒していた。

 対戦したドラフト候補・松尾 汐恩捕手(3年)はこう振り返る。

「対戦が決まってから、接戦は予想していて、簡単に打てないと思っていましたが、低めの変化球に手が出てしまいました。手が出てしまうほど凄かったです」

 センバツ、春季大会大活躍の松尾でさえも、山田の切れ味に驚いていた。

 星子天真主将も続ける。「変化球の切れ味が本当に凄かったです。9回にヒットを打ちましたが、山田投手から打ちたかった。新チームでいろんな投手と対戦してきて一番良い投手というのは間違いありません。苦しかったですが、僕も含めて、みんな山田投手との対戦を楽しんでいたと思います」

 大阪桐蔭のどの打者も山田の投球に脱帽だった。

 山田は大橋 大翔捕手(3年)のリードに感謝していた。

「相手打者を見ながら、ストレート中心なのか、変化球中心なのか。そのメリハリはできていたと思います。その点は大橋のリードが良かったと思います」

 6回途中でマウンドを降りてしまったが、そのインパクトは強烈だった。