この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

我慢強く、粘り強く、初Vつかむ!・大島



大島・大野

 大島鹿児島城西。どちらも準決勝逆転サヨナラ勝ちで決勝に進んだ両チームが、この日も大島大野 稼頭央(2年)、鹿児島城西・津波辰弥(2年)、両左腕エースの好投をはじめ、鹿児島高校野球史に残る名勝負を繰り広げた。

 先手を取ったのは鹿児島城西。立ち上がり、3番・池野航太(1年)がレフト前タイムリーを放ち、わずか5球で先制点を挙げた。

 3回表、鹿児島城西は3番・池野がセンターオーバー三塁打を放ち、4番・藤田剛(2年)の犠牲フライで追加点を挙げた。その裏、大島は先頭の9番・直江朝日(2年)が右中間を破る三塁打で出塁。3番・武田涼雅主将(2年)のセンター前タイムリーで1点を返した。

 鹿児島城西は直後の4回に1番・瀨脇怜(2年)の犠牲フライ、5回は6番・當間琉斗(2年)のレフト前タイムリーで追加点を挙げ、点差を3点に広げた。エース津波は120キロ台後半の直球、110キロ前後のチェンジアップの緩急を巧みに使い分け、大島打線に狙い球を絞らせなかった。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています