この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

「神様」振り向かせた強気の判断・大島



大島1点目

 両者我慢の展開が13回まで続いた。

 先制したのは樟南。初回二死から3番・町北 周真主将(2年)がセンターオーバー二塁打を放ち、4番・濵島航生(2年)が振り逃げ、一塁悪送球となる間に町北が先制のホームを踏んだ。

 2回以降は大島大野 稼頭央(2年)、樟南・永吉浩志(2年)、両エースを中心に守り合いの展開が終盤まで続く。

 樟南は7回表、一死一二塁として1番・西窪 大翔(2年)がライト前タイムリーを放ち、2点目を挙げた。

 2点差を追いかける大島は8回裏、一死二塁として3番・武田涼雅主将のセンター前タイムリーで1点を返す。返球が乱れる間に武田は三塁へ。4番・西田心太朗(2年)が犠牲フライを放って同点に追いついた。

 エース大野は尻上がりに調子を上げ、8回以降追加点を許さず。勝負は延長戦へ。

 9回以降は大島が押し気味に試合を進めるも決勝点が奪えず。12回でも決着がつかず、13回からは無死一二塁から始まるタイブレーク方式へ。

 樟南は表に7番・下山敬斗(1年)のレフト前タイムリーで1点を勝ち越す。
 その裏、大島は無死一三塁として5番・中優斗(2年)はセカンドゴロだったが、併殺を狙った相手のミスとなって同点。更に一死満塁と好機を広げ、途中出場の8番・青木蓮(2年)が死球。押出しで3時間8分の死闘に決着をつけた。

 3時間8分。「気の遠くなるような」(塗木哲哉監督)長丁場の死闘を制し、大島は初の決勝進出を勝ち取った。塗木監督は「最後は野球の神様がこちらを向いてくれた」と万感の想いを込めた。

 夏のような蒸し暑さの中、両チームとも攻守にミスが相次ぎ、我慢比べの展開が13回まで続いた。「神様」を振り向かせたのは、局面で見せた「選手の強気な判断」だったと塗木監督は力強く語る。