目次

[1]1日6食で球が速く重くなった
[2]宮本との投げ合いに敗れた悔しさ胸に


 中学野球界の名門である神戸中央シニアに今年も注目の逸材がいる。それがエース左腕の安福 拓海投手(3年)だ。189センチ、90キロの恵まれた体格から、最速144キロの直球と、2種類のスライダー、カーブ、パームを器用に投げ込む。

 チームを指導して25年になる山田高広総監督が、「肉体的なポテンシャルとしては今まで見た中でも一番だと思います」と認めるほどの素質の持ち主。投球練習も拝見させてもらったが、角度を生かした速球とキレのある変化球は、高校生レベルで見てもかなりのものだ。対戦した打者は打ち辛さだけでなく、恐怖心も覚えるのではないだろうか。

「打つのは好きです」と話す安福。打順は主に下位に座ることが多かったが、恵まれた体格を生かした打撃は目を見張るものがある。撮影用にと、行ってくれたティー打撃でも力強い打球を連発していた。

 春からは近畿地区の強豪校に進み、甲子園出場とプロ入りを目指す。今回は神戸中央シニアでの3年間と高校での抱負について語ってもらった。

1日6食で球が速く重くなった


「楽しそうだったから」という理由で小学1年生の時に野球を始めた。小学生の頃から周囲より体は大きく、中学入学時で身長は169センチもあったという。

 中学では、「みんな体が凄くて、このチームで全国優勝したいと思ったからです」と神戸中央シニアに入団。だが、当時の安福は54キロと身長の割に体重が軽く、今のような姿は想像できなかったと山田総監督は話す。

「野球に対する姿勢もちょっと独特というか、野球が上手になる考え方がなかったです。体も今でこそあんな体ですけど、入った時は本当にヒョロヒョロで、本当に一生懸命できない子だったので、将来はプロ野球選手になるだろうなという印象は全くなかったですね」

 それでも、「素直な子」と山田総監督が称する安福は意識の高いチームメイトに感化されて、順調に成長を遂げていく。特に力を入れてきたのが食育だ。

 神戸中央シニアでは通常の3食に加えて、午前10時、午後3時、午後6時に補食を摂るため、1日6食を食べることになっている。「最初はしんどかったんですけど、やっていくうちに慣れてきました。時間がかかっても良いから、とにかく量を食べました」と少しずつ食育に対応して、体を大きくしてきた。

 自身の実力に手応えを感じるようになったのは、2年生の時。「バッティングだったら遠くに飛ぶようになったし、ピッチングでは球が重くなったり、速くなりました」と食育の効果を実感できるようになっていた。練習でもランニングや加圧トレーニングで下半身の強化に取り組み、得意とするストレートやスライダーの精度を高めてきた。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。