エースへのルーツは勉強にあった



徳島インディゴソックスからNPB入りを目指す吉村優

 目標だったエースとして甲子園優勝には手が届かなかった。当時の敗戦は「今でも夢に時々出てきます」と悔しさをにじませるが、中等部の軟式出身から2人ほどしかベンチに入れないほど厳しい現実が予想される中、エースナンバーを背負うまでになった。

早稲田実業でエースになって全国制覇する」

 この目標を見失うことなく、ひたむきに練習をしてきた。入学当初は些細なところからアピールを続け、エースまでなった。しかし、なかには試合に出られずに心が折れる、妥協をする選手も当然いる。

 吉村はなぜ折れなかったのか。

「ベンチに入れないときは悔しさを持っていました。けど、当時の実力でベンチに入っても、やれることがなかったので糧にして練習するしかなかったですし、それまでに試合出場するのは最後の夏に全国制覇するための途中の目標でした。あとは人生にもかかわる中学受験で中等部に入学したのは、大きな目標を達成のためにやってきました。だから目標が揺らぐわけがないですし、ネガティブにもなりませんでした」

 揺るがぬ目標達成のため、吉村は3年間高校野球に打ち込んできたが、大事にしてきたのは数をこなすことだった。

「目標に対して、やるべきことをコツコツやるのは得意だったのもありますが、当時は『時間を作って、量をこなしていけば何とかなる』と思っていたので、質よりも量を大事にしていきました。そうなったのも、中学受験のときに勉強量をこなしたおかげで、試験当日は自信をもって迎えられたんです。その時に身をもって量をこなすことの大切さを学んだからだと思います」

 振り返れば、中学の時も、いち早く硬式になれるために1人でやるのではなく、チームに所属し、河合コーチから宿題をもらいながら、ほぼ毎日練習するなど、時間をかけて順応してきた。そして、早稲田実業でも休み時間にシャドーピッチングや、シート打撃で積極的に投げ込んだ。

「勉強にルーツがあります」と本人も自負するが、細やかで、かつ正確な目標設定の裏付けにあった練習量が、エースへの道を切り開いた。

(取材:編集部)


PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。