目次

[1]捕手として視野が広がった
[2]大きな教訓となった2ランスクイズ

 近江の正捕手として甲子園に3度出場した有馬 諒。関大では今秋から正捕手に定着し、打率.370の活躍で自身初のベストナインに輝いた。2年後のドラフト候補として注目を集めている有馬の近江高校時代を振り返ってもらった。


捕手として視野が広がった


 幼少期から体を動かすことが好きだった有馬は小学1年生の時に西大寺ドリームズで野球を始めた。当時から他のグラブと形が違うキャッチャーミットに興味を示しており、3年生から本格的に捕手を始めた。

 捕手として野球脳の高さが光る有馬だが、「塾にも通ってましたし、勉強もある程度できないとダメだと思っていたので、ちゃんとやるようにはしていました」と学力も標準以上のレベルにあり、近江でも準特進クラスに所属していた。

 中学ではヤングリーグの奈良ウイングでプレー。バッテリー中心の野球を展開する近江に憧れて、「挑戦したいという気持ちから入らせてもらった」と縁があり、近江に入学することができた。

「中学の時はあまり結果も残せていない」という有馬だったが、1年春にベンチ入りを果たす。夏こそベンチ外になったが、秋からは正捕手として、センバツ出場確実となる近畿大会4強に導いた。早くから試合に出るようになったことで、視野が広くなったと話す。

「周りは見られるようになりましたね。中学校の時とか色んなポジションやってましたけど、自分、自分ということが多かったんですけど、高校になってチームの勝利にどれだけ貢献できるかということは試合に出てから気づきましたし、そこで何ができるかというのを深く考えるようにはなりました」

 初めての甲子園となった2018年のセンバツでは3回戦で敗れたが、6打数4安打2打点と活躍。「大きい舞台でも自分の能力を発揮できるんだなと思いました」と自信を深める結果となった。その一方、3回戦では星稜にサヨナラ負けを喫し、「詰めの甘さが出た」と課題も明らかになった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。