ボールボーイとして目の当たりにした17年夏の仙台育英戦


 名将からの教えを受け、経験値も積んだ小泉は3年春に選手として念願の甲子園デビューを果たす。チームはセンバツ連覇を達成するが、チームとしても個人としても戦うごとに成長を実感していたそうだ。

「甲子園は何とも言えない凄いところで、1試合するだけで凄く成長できる場所だなと思いました。1試合、1試合重ねるごとに自信もついてきますし、その自信がプレーにも繋がってくると思います」

 試合での成功体験が自信を生み、自信が新たな成功体験を引き寄せる。こうした好循環でチームは勝利を重ね、成長を続けてきた。特に延長12回サヨナラ勝ちを収めた準決勝の三重戦が最も印象に残っていると話す。

 「準決勝で粘り勝てたのが、その後の大会や甲子園に凄く活きてきたと思います。『後半、後半』と西谷先生は試合中にも仰っていたので、自分たちの野球ができたのがその試合だと思います」

 夏の大阪大会準決勝では1点ビハインドの9回二死走者なしから逆転勝ちを収めたが、それも春に苦しい試合を勝ち切れたことが大きかったという。大舞台で難しい試合をものにしたことが、チームの大きな財産となっていた。

 また、前年のボールボーイの経験が活かされたのが、夏の甲子園3回戦の高岡商戦だった。1年前は3回戦の仙台育英戦で逆転サヨナラ負けを喫していたが、3回戦の第4試合でロースコアの接戦と共通点は多かった。

 同じ時間帯の試合ということもあり、小泉も意識はしていたそうだが、「近くで見て二度とああいう思いはしたくないという強い思いになっていたので、一歩引いて冷静に試合に入れていたと思います」と前年の経験も踏まえながら上手く乗り越えることができた。

 数々の修羅場を潜り抜けた大阪桐蔭は春夏連覇を達成。「今までにない感覚というか、言葉に表せないくらいの感じでした。春夏連覇を目標にやってきたので、最高の形で終われたので、良かったですね」と喜びを噛みしめた。