ベスト8進出を果たした2017年以来、4年ぶりの選抜甲子園出場を掴んだ福岡大大濠。エースの毛利 海大を中心に守り勝つ野球が持ち味だが、1年生ながらショートストップを任されたのが山下 恭吾だ。

 中学時代は日本代表として第10回BFA U15アジア選手権に出場し、遊撃手部門でベストナインも獲得した山下。身体能力の高さを活かした躍動感のある守備は見応え十分だが、その一方で課題も多く見つかる秋季大会であった。

まだ上手さと紙一重


 「取れるアウトをきっちり取るところでは、まだ上手さと紙一重のところがあります。彼がそこに気づいているのであれば意味のある失策なのですが、秋は中途半端な失策や迷ったプレーが多くありました。これから向上する糧にして、もう少し思い切り良くやって欲しいなと思います」

 そう語るのは、福岡大大濠を率いる八木 啓伸監督だ。

 新チームはメンバー入りを経験した選手が少なく、中学時代から実績のある山下を遊撃手に抜擢したが、そこはまだ1年生。中途半端に迷ったプレーや強引に攻めすぎたプレーが散見され、チームは九州大会準優勝の成績を残したが山下自身は大きな課題を残した。

 この冬は、守備の確実性向上を目指して取り組んできたと山下は話す。

 「自分の中では全く活躍が出来なかったと思っています。特に九州大会では、自分の持ち味である守備で失策が多く、冬場は目切りや雑なプレーを無くすことに取り組みました」

 その一方で、打撃では一定の手応えは掴んだ。九州大会では主に3番に座り、チャンスメイカーにもポイントゲッターにもなり活躍。飛距離こそまだ無いが、徐々にパンチ力が出てきたことで低いライナー性の打球が目立つようになってきた。

 「元々打撃はあまり得意ではないですが、入学してから少しずつ成長できていると感じています。飛距離は無いのですが、強い打球や野手の間を抜くという打球が打てるようになってきました」