目次

[1]エースとして多くの経験と学びを得る
[2]目指すは世代No.1左腕


 名将・鍛治舎巧監督が母校の県立岐阜商に2018年より復帰すると、確実に力をつけていき、昨秋は2年連続で秋季東海大会の準優勝を飾る。今春の選抜の出場を決めており、2021年も見逃せないチームとなっている。

 そんな県立岐阜商のエースとして牽引するのがサウスポー・野崎 慎裕だ。身長172センチ体重72キロと少し小柄ではあるが、最速144キロを計測する真っすぐを軸に相手打者を圧倒する。1年生の春から公式戦デビューを果たしている逸材である野崎は、どんな野球人生を歩んできたのか。

 後編では1年生の夏以降の歩みを中心に振り返っていきたい。

前編はこちらから!
県立岐阜商の小さきエース・野崎慎裕が144キロ左腕になるまで【前編】

エースとして多くの経験と学びを得る


 1年生の春から公式戦デビューを果たした野崎は、続く夏の大会でもベンチ入り。完封勝利を記録するなど着実にステップアップをしていくも、甲子園には届かず。新体制で秋季大会に向かっていくと、野崎はエースナンバーを背負うこととなる。

 「今までにはないくらい強い自覚と責任感をもってプレーをしました。もちろん『自分なんかが』と思ってプレッシャーもありましたが、その中でも結果を残すことが出来たのは良い経験でしたし良かったです」

 チームは県大会優勝。続く東海大会でも準優勝という結果。野崎は東海大会では3試合すべてで先発して勝利に導くなど、エースとしての責務を全うして選抜への道を切り開いた。

 そうしたなかで、コロナ禍によって練習自粛だけではなく春季大会は中止。夏の大会は開催されたものの、県立岐阜商は学校に感染者が出たために出場を辞退。8月に開催された甲子園交流試合が唯一の公式戦となった。

 この大会で野崎は背番号10をつけながらも先発のマウンドへ。九州王者・明豊と対峙するが、相手に先取点を与えるなど2回持たずして降板。悔しい甲子園初マウンドとなった。

「反省ばかりです。初球が甘くなってしまったり、相手打者の反応を見る余裕がなく、試合にしっかりと入り切れていなかったと思います」

 相手の先発が同じサウスポー・若杉 晟汰だったことも野崎にとっては大きかった。

「若杉さんはピンチの場面でも動じるどころか逆にスイッチが入っているように見えました。そういったメンタルや経験値というところで大きな差を感じました」

 大舞台でも堂々と投げ込む。そして1球の大事さを再確認して野崎は秋季大会に向けて再び練習を重ねた。