いよいよ3月19日に選抜が開幕する。東海地区で準優勝に輝いた県立岐阜商市立和歌山との初戦を迎えるが、そこにいる大型捕手・髙木 翔斗は世代屈指の選手だ。

 打っては高校通算17本塁打、捕手としては遠投100メートル前後の強肩を活かした二塁送球1.85秒を記録する言葉通りの『打てる大型捕手』だ。プロも注目する高木はここまでどのような道のりを歩んできたのだろうか。

体の使い方を改善したくて岐阜フェニックスへ


 小学1年生から伊吹クラブで野球を始めた高木。そのときから捕手一筋で活躍してきた。小学6年生の時には中日ドラゴンズジュニアにも選出されるなど、早くから才能を見せていた高木が中学から選んだのは、軟式のクラブチーム・岐阜フェニックスだった。

 

 「最初はボーイズに行くことも考えていたのですが、高校のことも考えて岐阜フェニックスに行くことにしましたが、あとは体の使い方を改善したかったことも決め手です」

 高木いわく、小学生の頃は体幹が弱く、細かな動きが苦手だったとのこと。身体の使い方、力の伝え方を克服するべく、ジムも経営している岐阜フェニックスに行って、改善しようと考えたのだ。

 チームの練習はもちろんだが、週2日はジムに通い、マシンを使ったトレーニングはもちろん、トレーナーの指導による体幹トレーニングを中心に練習を重ねた。さらに、器具の中には初動負荷トレーニングができる機械を使って、可動域を広げながら筋力を付けてきた。

 また「速筋を覚えさせたい」という狙いから縄跳びやジャンプ系のメニューで瞬発力を身につけることで、プレーにスピード感が出るようにしてきた。

 そうすると、3年生の時に出場した全国中学生都道府県対抗野球大会で、成果を感じる瞬間がやってきた。
 「予選の1回戦で宮城県選抜と対戦した時に、態勢を崩しながらホームランを打てたんです。前までなら軸足に重心を乗せたまま力任せに振っていたんですけど、その時は上手く反応して拾えた時は3年間の成長を感じましたね」

 岐阜フェニックスでの成長はバッティングだけではない。捕手としても3年間の練習とトレーニングを経て飛躍を遂げていた。
 「体の使い方が良くなったおかげで、フットワークがかなり良くなりました。そのおかげでタイムも大分縮まってきました」