目次

[1]とにかく悩みでしかなかった大学生活
[2]「プロに行く」自粛期間もその思いで練習を行ってきた


 千葉ロッテドラフト1位・鈴木 昭汰常総学院-法政大)。キャンプ一軍スタートで即戦力左腕として期待がかけられている。そんな鈴木の野球人生について迫る。

鈴木昭汰投手へのインタビューはこちらから
ロッテドラ1・鈴木昭汰(常総学院出身)が甲子園で痛感した同期との差 vol.1
千葉ロッテドラ1・鈴木昭汰(常総学院出身)が4球種の投げ方&制球力アップの秘訣を特別伝授 vol.3

とにかく悩みでしかなかった大学生活



鈴木昭汰(常総学院出身)

 高校生左腕としてトップレベルの実績を残した鈴木。3年夏まで高卒でプロに行きたいと思っていた。そして夏の甲子園でもベスト8。ただ同時に自分の実力不足を痛感していた。

 「高卒プロで行きたい思いは3年夏まで終わるまでずっと思っていました。でも甲子園では、本来の投球ができなかったというか、あれが自分の実力だと思うんですけど、プロにいった投手たちと比べると全然劣っていて、そして高校日本代表にも選ばれなかった。それを考えると、仮にプロにいっても、活躍できないと思ったので、法政大進学を決めました」

 プロをあきらめ、プロに目指すためのステップアップの場として、超高校級の選手しか推薦合格ができない法政大を選択。しかしこれまで以上に、チームメイト同士との競争が待っていた。
 「先輩方も、同級生も良い投手、良い打者ばかり。まず身内の競争に勝たないと試合に出場できないので、オープン戦1つでも結果を残せないと、ベンチ外が待っている。そんな焦りは常に持っていましたし、特に試合に出られなかった下級生の時はずっと思っていました」

 鈴木は周りと比較してしまう性格だという。これは悪いことではなく、周りと比較しながら、自分の立ち位置を理解し、何をすべきか実行できる。これまでの活躍や、また人生の選択でも賢明さが見える。
 しかし悪い面が出ると、劣等感をいただき、焦ってしまう。2年が終わってリーグ戦登板は3試合だけに終わった。大学3年春でも6試合に登板したが、1勝2敗、防御率6.24に終わった。ここまで順風満帆な歩みを見せていた鈴木にとっては一番の挫折だった。
 「大学4年間は悩みでしかなかったですね。プロにいくために法政大に進んだのに、周りが結果を出しているので比較してさらに焦って…。このままだとプロにいけないと思いましたね」

 苦しむ中で、鈴木を奮い立たせたのが同じくプロ入りした高田孝一(平塚学園出身)だった。
「まず彼は努力家ですね。1年生の時から自分とあいつは一緒に頑張ろうといってきた2人なので、あいつが頑張っているからこそ、自分は妥協していてはだめだと思いましたね」

 また高田も「練習法など自分にとって良い影響を与えた存在」と感謝を述べている。そうした頑張りが少しずつ実を結び始めたのは3年秋になってからだ。