目次

[1]苦しむ福井を奮い立たせた西谷監督の言葉
[2]高校野球でやり残したことはない

 2018年に春夏連覇を達成した大阪桐蔭。以降も甲子園に出場すれば、全国制覇を狙えるチーム作りを見せている。その礎を築いたのは、2017年世代ではないだろうか。当時、主将として率いていたのが、福井 章吾だ。主将として牽引した2017年の選抜優勝、夏の甲子園ベスト16入りを経験した。

 vol2では主将に就任してから最後の夏までの軌跡を振り返る。


vol.1の記事はこちらから!
現在の大阪桐蔭の礎を作った主将・福井章吾が中心選手になるまで vol.1

苦しむ福井を奮い立たせた西谷監督の言葉


 主将に就任した福井は、試合に出た経験や、生活面の指導を選手たちに行った。

 「新チームは夏の大会に出ているメンバーがほとんどいなかったので、一から見直すことから始めました。自分自身は後のことにして、まずはチームを最優先。技術面よりも、声かけや生活面などチームの内面を鍛えることを徹底させてから、試合の進め方、野球に対する根本な考え方。しっかりしないといけないことを選手たちに話をしました」

 2年夏まではレギュラーをとることや自分のレベルアップについて考えていたが、主将になってから一転してチームのことを第一に考える生活となった。自分のことを考える余裕はない。もちろん、主将としての生活は精神的に追い込まれるものだった。

 「チームが勝つことを考えていて、自分がキャプテンをやっていていいのかなと常々思いながら、見えないプレッシャーと戦っていたことは覚えています」

 そんな福井を奮い立たせたのが、西谷監督だった。西谷監督とは、野球ノート、直接対話する中で、激励を受けた。

 「西谷先生から『とにかくお前がやるしか無い、キャプテンがやるしか無い』と日々、言われていましたので、それ以外にも毎日、僕のケツをたたくような熱い言葉をかけてくださって、それがあったからこそ新チームの期間はなんとか食らいついていけたのかなと思います」

 そういう中でチームをまとめていきながら、秋では近畿大会ベスト4入りし、選抜も確定。再び強化練習期間に入り、実力もつけてきた段階で、アクシデントが入る。

 大会直前の練習で、正捕手の岩本 久重(早稲田大)が負傷してしまい、穴埋めが必要となった。そこで正捕手になったのが1年生まで捕手の練習をしていた福井だった。福井は覚悟を持って捕手に臨んだ。

 「そこに立つしかないですし、与えられた役割を全うするだけなので、捕手というポジションに100%の力を注ぐことを決めました」

 急造捕手と思いがちだが、福井は1年生のとき、捕手として実力を磨いてきた下地があった。

 「1年生の時からチームのためと思って、シート打撃で捕手として入ってやってきて、それ以外にも実戦の機会を積みながら、インサイドワークの部分についてはあまり不安はなかったです。そしてキャッチング、スローイングの部分も1年生のときから練習をしていたので、問題はありませんでした」

 とはいえ、大事な選抜で、秋まで一塁手だった福井が捕手を務めるのは大きな賭けである。それでも西谷監督は半年間、接してきて福井に託したくなるものはあったのだろう。そして選抜が開幕すると、根尾 昂(中日)、藤原 恭大(千葉ロッテ)と2年生選手が華やかな活躍を魅せる一方で、福井は陰の主役として、徳山 壮磨(早稲田大)、柿木 蓮(北海道日本ハム)、横川 凱(巨人)、根尾と能力はありながら全国の経験が乏しい投手陣をまとめていった。