第1277回 威力はチームでトップクラス。143キロ右腕・堀越啓太(花咲徳栄)がエースになるための課題2020年11月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 140キロを超える投手を多く擁する花咲徳栄。球威に関してトップクラスなのが、堀越 啓太だ。右サイド気味のフォームから繰り出す常時130キロ後半・最速143キロの速球は威力抜群。キレ型の速球を投げ込むエース・高安 悠斗とは違う魅力がある。そんな堀越の決意に迫った。

テーマは決め球の習得



堀越啓太(花咲徳栄)

 小学校4年生から投手をはじめ、所沢南シニアでは速球投手として活躍した堀越。隈本 達也(エイジェック)など花咲徳栄で活躍するОBに憧れて、花咲徳栄の門をたたいた。

 入学しての測定で最速138キロをマーク。またグランド横につなげられているチューブを使うトレーニングを行い、さらに岩井隆監督からテークバックを大きくすることを助言され、アベレージのスピード、マックスのスピードが伸びた。高校2年夏までは出番はなかったが、今年の8月に最速143キロをマーク。練習試合でも好投を見せ、秋のベンチ入りを勝ち取った。

 秋季大会では3試合に登板し、8回を投げ、1失点の好投。常時130キロ後半の速球で圧倒する投球は県内でも随一だったが、堀越自身は「結果として抑えていたけれど、満足いく投球ができなかった」と反省した。

 花咲徳栄の岩井隆監督は投手陣にスピードアップを求めている。現状の数字では県内の強豪校相手には圧倒はできない。あくまで高いレベルで圧倒できる速球を身に着けて、速球がウリだといえる。堀越もそのつもりで、秋季大会終了後は上半身のトレーニングを中心に行い、鍛えてきた。

 その間に練習試合で登板をしているが、まだ手応えはない。指にかかった時は140キロ前後の素晴らしいストレートを投げていたが、「全然よくないですね。本当に良い球だと思ったというのが数球ぐらいで、全然だなと思っています」

 

 また花咲徳栄には、堀越だけではなく、高安、松田 和真と140キロを超える投手が多くいる。その中で堀越がライバルとの競争に勝ち抜き、エースナンバーを勝ち取るためにテーマにしているのが決め球を習得することだ。

 「縦のスライダーを習得しようと思っています。縦変化を投げられる投手は少ないので、マスターすることができれば、他の投手にはない武器があると思っています」

 堀越、松田、高安と3人インタビューしてきたが、三者三様の武器がある。高安は制球力とスライダーのキレ、松田は角度のある速球と高速変化球、堀越は打者を圧倒する威力ある直球とキレのあるスライダーだ。

 この3人が切磋琢磨し、それ以外の投手たちもついていくような形で伸びていければ、全国トップクラスの投手陣になることは間違いない。

(記事=河嶋 宗一



この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1276回 ライバルを倒し、ライバルと甲子園で投げ合うことを夢見る143キロ右腕・高安 悠斗(花咲徳栄) 【2020年インタビュー】
第1275回 北海道から来た144キロ右腕・松田和真(花咲徳栄)。全国のライバルたちに負けない成長を 【2020年インタビュー】
第1274回 小、中学校時代のライバルは高校通算40本塁打以上のスラッガー。遅咲きのスラッガー・冨田隼吾(花咲徳栄)の決意 【2020年インタビュー】
花咲徳栄vs東日本国際大昌平【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
第151回 生駒ボーイズ時代の恩師が語る井上朋也(花咲徳栄)「打撃に関してはすごくストイック」【高校野球コラム】
花咲徳栄vs蕨【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
第1017回 全国クラスの実力を持った浦和学院、花咲徳栄を筆頭に今年は激戦!各ブロックを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs久喜北陽【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1230回 強打の花咲徳栄を支える技巧派エース・高森陽生。レベルアップの鍵となったのは指先と体重移動だった 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
堀越 啓太(花咲徳栄) 【選手名鑑】
花咲徳栄 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー