第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】2020年03月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]元プロ・村西監督の下で野球を教わる
[2]日の丸を背負い、将来のメジャーリーガー候補たちと対戦

日の丸を背負い、将来のメジャーリーガー候補たちと対戦



南琉人(湖東リトルシニア)

 村西監督の指導の下で力をつけた南は、2年生の冬に台湾で行われた第9回日台AA野球大会の関西連盟代表に選出された。初めて海外での試合を経験し、新たな課題が見つかったと話す。

「ストレート一本では抑えられないと感じました。その時はタイミングをズラすボールがなかったので、クイックで投げたり、少し難しい技術にもチャレンジしようと思いました」

 国外のチームと対戦したことで、投球術に磨きをかけるきっかけとなった。3年生になっても順調に成長を続け、昨年7月のMCYSA全米選手権大会に日本代表にも選出。初めて日の丸を背負うことになった。ここで海外の強打者を相手に大会を通じて7回無失点の好投。将来のメジャーリーガー候補を相手に力を見せつけた。それでも相手のレベルの高さは確かに感じたという。

「アメリカという遠い場所で野球をして、野球の質の差にも驚きましたし、野球のやり方も全然違ったので、凄く勉強になりました。バッターは当たった時のパワーが全然違っていて、ピッチャーも凄かったです。ストレートはある程度、通用したので、これからも質、スピードともに向上していけたらと思います。また、無駄球があると、甘い球を捉えられやすくなるので、そこをなくしていきたいと思います」

 3年間で様々な経験をした南だが、最も印象に残っている試合は日本選手権関西大会4回戦の兵庫北播リトルシニア戦。延長タイブレークの末に敗れて日本選手権の出場を逃したが、「自分の力を存分に出せたので、良い経験になりました」と納得のいく投球ができたようだ。

 前編はここまで。後編では、村西監督の評価やなぜ東海大相模に進学を決めたのかについても語ってもらった。後編もお楽しみに!

(記事=馬場 遼)


関連記事
ポテンシャル抜群の大型外野手・山地裕輔が天理の4番で座り続ける理由
来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト
選抜があれば要注目だった!中森、小林、岩崎ら西日本好投手リスト23名!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

南琉人(湖東リトルシニア)
南 琉人(みなみ・りゅうと)
  • 湖東リトルシニアー東海大相模
  • ポジション:投手
  • 投打:左投左打
  •    
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第2回 神奈川の名門・東海大相模の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
東海大相模 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー