目次

[1]星子を追いかけて熊本泗水ボーイズに入団
[2]小園海斗選手のような走攻守が揃ったプレイヤーに


 熊本泗水ボーイズで、星子天真と並んで逸材と称されていたのが荒木颯太だ。
 小学校時代はソフトバンクホークスジュニアに選出され、熊本泗水ボーイズでは3番・遊撃手として活躍。また各地区の選抜チームが優勝を争う鶴岡一人記念大会では、中九州代表に選出されて、主将としてチームを牽引する活躍を見せた。

 そんな荒木に中学野球を振り返って頂き、そして高校野球での目標も伺った。

星子を追いかけて熊本泗水ボーイズに入団


 小学校1年生から、玉東町少年野球クラブで野球を始めた荒木。きっかけは3歳年上の兄・翔太の影響だった。
 2019年ドラフト会議でソフトバンクホークスに育成6位指名を受けた兄・荒木 翔太千原台出身)は、幼いころから憧れの存在であった。兄の背中を目標に努力を重ね、荒木も少しずつ上達していったと振り返る。

 「兄の姿をずっと見てやってきましたね。
 チームは人数が少なかったので、色んなポジションを経験しました。今はショートを守っていますが、小学校の時はピッチャーやキャッチャーも経験して、様々な経験をさせてもらいました」

 学年が上がるにつれて、チームの中心選手へと成長していった荒木は、小学校6年時にソフトバンクホークスジュニアに選抜される。
 当時、監督だったのはソフトバンクホークスなどで投手として活躍した馬原孝浩氏。荒木は、技術面だけでなく野球と向き合う心構えの面でも多くのことを学んだと振り返る。

 「挨拶や礼儀の部分でたくさん教えていただきました。また『九州から選ばれた選手だから、技術はあるので自信を持ってプレーして来い』と声を掛けていただき、それが凄く自信になったのを覚えています」

 またソフトバンクホークスジュニアでは、大きな出会いもあった。後に、熊本泗水ボーイズで一緒にプレーすることになる星子天真だ。
 星子のプレーを目の当たりにして、「すごい奴がいるなと驚いた」と振り返る荒木。星子が熊本泗水ボーイズに入団するつもりであると聞くと、「同じチームでプレーしたい」と荒木も熊本泗水ボーイズに入団することを決意する。

 「住んでいる玉名市からは1時間くらいかかりますが、天真から学ぶことがたくさんあるなと思いました。
 でも追いかけて行ったところもありますが、ライバル心もあります。天真に負けじと頑張りましたね」