第1096回 主将で1番捕手!中学球界屈指の名捕手・伊藤愛都( 草津リトルシニア)が過ごした3年間 【前編】2020年02月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]兄の影響でチームに入団
[2]遠方から通った3年間


 昨夏のリポビタンカップ第47回リトルシニア日本選手権大会で準優勝を果たした草津リトルシニア。チームの躍進に大きく貢献したのが主将で1番捕手の伊藤愛都だ。広角に強い打球を打ち分ける打撃技術と二塁送球1.9秒台の強肩を持つ中学球界屈指の名捕手である。春から高校生活をスタートさせる有望株に3年間での成長と今後の意気込みについて伺った。

兄の影響でチームに入団



伊藤愛都( 草津リトルシニア)

 滋賀県長浜市出身の伊藤が野球を始めたのは小学1年生の時。2歳年上の兄が野球を始めたのと同時に浅井レイカーズに入団して野球人生をスタートさせた。捕手は小学6年生の時に始めたという。

 草津リトルシニアに入団したのは兄の通っていた中学校の先生にチームの1期生がいたことがきっかけだった。その先生に勧められて体験に行ってみると、好感触だったことから入団を決意した。

「凄く雰囲気も良くて、レベルの高いチームだと思いました」とチームの第一印象を振り返る伊藤。当時の3年生には昨春の甲子園でも活躍した奥村 真大龍谷大平安)がおり、彼に対して憧れの気持ちを抱くようになった。

 入団して上級生との差を特に感じたのが体格差だ。当時の身長は155㎝と決して大柄ではなく、「先輩たちは凄く大きくて僕もこれくらいにならないといけないとずっと思っていました」と体作りに力を入れるようになった。

 その中でも特に熱心に取り組んだのが食事面だ。「お腹いっぱいと思ってからもう一杯食べていました」とこれまでよりも食事量を増やしてきた。その成果もあり、現在は177㎝73㎏と中学生にしては立派な体つきをしている。

【次のページ】 遠方から通った3年間

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

 伊藤愛都(草津リトルシニア)
伊藤愛都
  • 草津リトルシニア
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:177cm73kg

       
【関連記事】
第2回 U-15代表4番、142キロ右腕など高校野球の世界に飛び込んだ12人のスーパー中学生たち【中学野球逸材コラム】
第1096回 先輩・奥村展征(ヤクルト)に続け!草津リトルシニア・伊藤愛都が高校野球に向けた思い【後編】 【2020年インタビュー】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー