第1096回 もっと上手くなれる。経験豊富な巧打の三塁手・知田 爽汰(星稜)2020年02月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]主砲・内山壮真など刺激を受けてきた中学時代
[2]甲子園で味わった悔しさを成長の糧として

甲子園で味わった悔しさを成長の糧として



2019年の秋・敦賀戦での知田爽汰(星稜)

 ここまで順調にステップアップしていた知田だったが、初めての甲子園は苦い記憶を残すことになる。2年春の選抜の習志野戦では痛恨のタイムリーエラーを喫した。
 「三塁線に抜けていった打球でした。本当に悔しくて今でも忘れられないエラーです」

 そこから知田は苦手な三塁線への打球をどう捕るのかを考えてきた。甲子園に戻ってきて、知田はシートノックの際、1球ずつ順番を回ってくるサイクルに対して、2球要求し、守備を磨いてきた。

 そして2年夏の甲子園では、32打数9安打、打率.310と結果を残し、甲子園決勝戦の履正社戦では一時は同点となる適時打を放ったが、本人として全く納得がいっていない。
 「2回甲子園行かせていただきましたが、悔しいことばかりですね」とさらなるステップアップを目指して新チームに入った。

 秋季大会でも北信越大会で打率.353を記録するなど、打撃でも活躍を見せたが、「スイングスピードの遅さ」が課題に挙げた知田はウエイトトレーニングでパワーアップを図ってきた。そして打撃フォームも内から外に出すイメージで振るために左ひじを畳んで振ることを意識し、スイングを重ねた。「まだ試行錯誤の途中」と語るが、11月下旬の香川県の招待試合で特大本塁打を放ち、高校通算13本塁打まで達した。



知田爽汰(星稜)

 また守備面が課題だった知田は三塁線へ抜ける打球を苦手にしていたが、「低く腰を構えていましたが、それだと正面にボールを見るときにどうしても腰が浮いてしまうんです。そのため、体を半身にしたことで、ボールが見やすくなりましたし、送球も安定しました」と手ごたえを感じている。

 守備面の成長に林和成監督も「足の運び方がよくなっていると思いますし、苦手意識があったスローイングもかなり良くなりました」と評価をしている。
 1年生の時と違って、何が課題で、どんな練習をすればいいか、考えながら練習できる。練習後ではプロ野球選手の動画を見ながら研究も怠らない。その姿勢が成長スピードを速めている。

 それでも林監督はまだまだ成長できると期待を込める。
 「私も要求が高いので、もっと爆発力というか、結果は出ていますけど、もっとやれるのではないかという思いはありますけどね」

 センバツへ向けて知田は攻守のレベルアップを目指している。最後に意気込みを語った。
 「まず守備はこれからも練習して上手くなりたい。また打撃も左投手の対応が課題なので、そこへ向けて練習をしていきたいです」

 中学から内山、荻原とのライバルに揉まれながら、直向きに取り組んで実力を伸ばしてきた知田。3度目の甲子園では勝利に貢献する一打、守備を見せ、成長した姿を披露する。

(取材=河嶋 宗一

関連記事
星稜ナインの現在地。昨夏決勝戦を見ている1、2年生だからこそ優勝を狙いたい
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

知田 爽汰 (星稜)
知田 爽汰(ちだ・そうた)
  • 星稜
  • ポジション:三塁手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:174cm75kg

       
【関連記事】
第114回 全国制覇の道は絶たれても、未来の一歩へ力強く踏み出そうとしている星稜【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1126回 チームメイト、指揮官が絶賛する秀才型野球選手・内山壮真(星稜)の魅力とは【前編】 【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
星稜vs敦賀【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs仙台育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
知田 爽汰(星稜) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー