第1118回 自慢のバッティングみ磨きをかける冬へ!本間晴希(札幌龍谷)2020年02月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]変化球の投げ込みを一部制止されて直球の威力が向上
[2]更なるスケールアップと投球にも幅を


本間晴希(札幌龍谷)

 秋季大会で北海道ベスト4に進出した札幌龍谷の中心選手の1人が本間 晴希である。180cmの長身の本間はどのような成長曲線を考えているのだろうか?

 本間は、「今年の冬は、長打を打てるように強いインパクトと体づくりというのを今やっています」と話す。

 もちろん、長打と言うには理由がある。それは本間の考える中軸の役割というのがある。

「中軸で打つためにはランナーを返す役割というのを満たさないといけないので長打を打てるように考えています。今までは、球に対応はできるんですけど単打というのが多かったので」

 実に明快な答えである。目標から逆算して行動を決めているのである。また数値目標もしっかりしていた。

「個人では今年の全道大会が3割少ししか打てなかったので4割は打ちたいです」

 個人目標が非常にしっかりしているのである。本間は個人の目標をこのように秋・春・夏と定め、それに向かって着実に成長を続けているのである。そして個人のプレーとしてのレベルアップだけでなく、周りへの気配り・気付き力の強化も念頭に入れている。

 「日頃から寺西(直貴)先生から周りに目を配れることがプレーにつながると言われているので、 チームメイトにもそうですし、練習でも周りに目を配るようにしてます」

 これこそが、札幌龍谷野球の真髄である。寺西監督は、些細な気づきの重要性を常に説いているからだ。それは主軸の本間にも伝わっている。

 目標が明確な選手ほど伸びる。厳しい冬を超えて本間が一皮むけているか、そして、自身も語っていた「全道ベスト4というのが最高の成績になっては行けないと思うので、全道優勝を目指しています」という目標に到達するためにも、本間は歩みを止めないつもりだ。夏での大暴れを期待したい。

(記事:田中 実)

関連記事
◆他のインタビュー記事を読んでみる
初優勝の期待がかかる北海道、東北地区。北海道、宮城、山形、福島県勢のこれまでの戦いぶりは?
帝京、習志野、敦賀気比...。選抜を逃した強豪たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

本間晴希(札幌龍谷)
本間晴希(ほんま・はるき)
  • 右投げ右打ち
  • 180センチ・68キロ
  • ポジション:一塁手
【関連記事】
第10回 札幌龍谷(北海道) 寺西直貴監督の「二つの物差し」【後編】【冬が僕らを強くする2020】
第9回 昨秋ベスト4の札幌龍谷(北海道) 専用グラウンドを持つまでの7年半が現在の礎に【前編】【冬が僕らを強くする2020】
第103回 「2015年の高校野球を占う」【南北海道編】 選抜出場の東海大四を中心に強豪揃いの南北海道【大会展望・総括コラム】
本間 晴希(札幌龍谷) 【選手名鑑】
札幌龍谷 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー