第1069回 柳田悠岐、糸井嘉男を凌ぐスケールを持つ、ホームランの求道者・佐藤輝明(仁川学院-近畿大)【前編】2019年10月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】

[1]お金を払ってでも見る価値がある打撃練習/プロを代表するスラッガーに引けをとらないド迫力ボディ
[2]プロへの思いは皆無だった中学時代/ホームランの魅力にとりつかれた高校時代

プロへの思いは皆無だった中学時代



佐藤輝明

 兵庫県西宮市で生まれ育った佐藤。地元の軟式少年野球チーム「甲東ブルーサンダース」に入団したのは小1の時だった。
 「ポジションは主にピッチャーとキャッチャー。ホームランもわりと打っていましたし、小学生の中では遠くへ飛ばせていた方だったと思います。身長、体重は小6の時が162センチ65キロくらい。この頃は少しぽっちゃりしてました」

 ところがタイガースジュニアに選出された直後の小6の夏にヒジを故障。剥離骨折により、約1年間のノースローを強いられた。
 「タイガースジュニアでも結局、ランナーコーチしかできなくて。投げられない期間、友達らと公園でのサッカーに明け暮れているうちにどんどんサッカー熱が上がっていきました」

 甲陵中では軟式野球部に所属。主にキャッチャーを務めたが、「野球に対する熱はそんなになかった」という。

 「当たったら飛ぶので最上級生になったら4番を打ってましたけど、家で素振りしたりということも一切なかった。中学の頃はサッカーの方が好きでしたし、野球に対する熱はあまりなく、プロ野球選手になりたいなんて思いも全くなかった。ただ、打ったボールが遠くへ飛んだ時はものすごく楽しかったです」

ホームランの魅力にとりつかれた高校時代



佐藤輝明

 高校は自宅にほど近い、私立・仁川学院に進学。「この時ばかりはサッカー部への入部を真剣に考えた」そうだが、迷った末、最終的には硬式野球部への入部を決めた。「甲子園出場に対する執着は全くなかった」と佐藤。
 高校球児としての目標、モチベーションはどこにあったのか。そう尋ねると「目標は…ホームランを打つことでした」という答えが返ってきた。

 「高校生になって使用するボールが軟式から硬式になり、より飛ぶようになったことがものすごく気持ちがよくて。遠くへ飛ばすことに対する快感に完全にはまってしまったんです。『ホームランを打つという世界を追求したい。もっと遠くへ飛ばしたい。試合でホームランをたくさん打ちたい』という強い気持ちが芽生え、まるで『ホームランの求道者』みたいな状態で毎日を過ごしていました」
 前述した週6ペースのジム通いもホームランと飛距離を追求した先に定着した習慣だった。

 「体重が大幅に増えたことで遠くへ飛ばせるようになった。高3になった頃、自分の中で謎の自信が湧いてきたんです。『もしかしたら自分はプロにいけるんちゃうか?』という謎の自信が」

 4番・サードで迎えた最後の夏は兵庫大会1回戦敗退。
 高校通算本塁打は20本。体重が大幅に増えた高2の後半以降に放った本塁打が大半を占めた。

 仁川学院卒業後は近畿大に進学。田中監督は佐藤のプレーを初めて見た際の印象を次のように語った。
 「全国的には全く無名の子だったけど、スイングの強さがケタ外れでした。飛距離がとにかく規格外。指導をしてどうなるもんじゃない、持って生まれた『天性の飛ばす力』だなと。肩も強いし、足も速い。将来、トップレベルにいける選手だと思いました」

 前編はここまで。後編では佐藤選手の打撃論などをさらに深堀していきます!後編もお楽しみに!

(取材=服部 健太郎)


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

××××
佐藤 輝明(さとう・てるあき)
  • 近畿大
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:187センチ92キロ
  •  
【関連記事】
第1069回 次世代の大型スラッガー・佐藤輝明(仁川学院-近畿大)の急成長にあった「右わき」を締めない意識【後編】 【2019年インタビュー】
第1032回 152キロの剛腕サイド・村西良太を覚醒させた「昼寝」と「巨人・畠からの金言アドバイス」 【2019年インタビュー】
第1024回 エースになれなかった中・高時代 転機となったサイドスロー 近畿大の152キロ右腕・村西良太【前編】 【2019年インタビュー】
第24回 勝利と育成の両立を可能にした「状況に応じた野球」の追求 西京ビックスターズ(京都)【前編】【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第195回 ポスト山川、柳田はこの中に!2019年・大学野球の主役は彼らだ!【ドラフト特集コラム】
近畿大vs筑波大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
第226回 【秋季兵庫県大会】報徳学園、東洋大姫路、滝川第二など強豪ひしめくブロックも!他、注目校一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第257回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「常識を疑いながら鉄壁の守備を築き上げた独自の守備論」 【2015年インタビュー】
第18回 ブルータグ株式会社 南 啓介さん 【2008年インタビュー】
近大泉州 【高校別データ】
近大附 【高校別データ】
仁川学院 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー