第1053回 常に成長を促した競争意識とチャレンジャー精神。そしてイチローの存在 高部瑛斗(国士舘大)【前編】2019年10月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]競争を勝ち抜くために現状に満足はなかった
[2]高部を支えるのはイチローの存在だった

 大学や球界屈指のレベルの高さを誇る東都大学リーグ。現在二部に所属しながらも、今春のリーグ戦で100安打を達成した安打製造機がいる。その選手が高部 瑛斗だ。

 東都二部で歴代最多の109安打の記録を超え、歴史に名を刻んだ高部はいかにしてヒット量産の技術を身に着けたのか。今秋のドラフトで注目される高部に話を伺った。

競争を勝ち抜くために現状に満足はなかった



インタビューに答える高部瑛斗

 1つ上の兄の影響で小学2年生の終わりから野球を始めた高部は高校時代、東海大甲府で3年間を過ごした。
 「ここでも兄の影響で選択肢にあって、『どうせやるなら兄と勝負しよう』と思って、進学しました」

 しかし東海大甲府は山梨県内の名門。「人数も多いですが、凄い選手が沢山いました。なのに、試合に出られるのは9人だけなので、選手1人1人がいろんな面に対して意識が高い。想像以上できつかったですが、ギリギリの環境でプレーが出来たのは財産だと思います」

 競争社会に飛び込んだ高部は自分たちの代から頭角を出し始め、最後の夏は甲子園で終わった。
 「(東海大甲府は)野球以外のことも指導してくれる学校で、そういったところもしっかりできるようになって、野球の技術も合わせて向上し始めた。すべての面で成長されているのが認められて、レギュラーになれたんだと思います」

 挨拶やグラウンドでのダッシュなど、当たり前のことを徹底することが出来るようになった高部。また、レベルの高い環境にいたことで、「元々注目されてきたわけではないですし、上には上がいたので自分を磨けました」とライバルたちに刺激を受け続けて成長してきた。

 では実際に技術面はどんな意識を持って取り組んだのか。
 「自分には力がないので、とにかく転がして出塁する。最初は上手くいきませんでしたが、次第に確率が上がりまして、そこが評価されました」

 打席の中での対応力を磨き続けた高部。そこで大事にしたのが試合で試すことだった。
 「練習では大まかな感覚しかつかめないので、試合で細かい感覚を掴める。なので、試合での打席は集中した状態で、自分の感覚で打ちに行けるようになったことで、結果を残せるようになりました」

【次のページ】 高部を支えるのはイチローの存在だった

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

木下元秀(敦賀気比)
高部 瑛斗(たかべ・あきと)
  • 東海大甲府-国士舘大
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:177センチ70キロ
  •  
【関連記事】
第113回 待ってろNPB!指名漏れからリスタートを誓う17名の逸材たち【高校野球コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
高部 瑛斗(東海大甲府) 【選手名鑑】
東海大甲府 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー