目次

[1]競争を勝ち抜くために現状に満足はなかった
[2]高部を支えるのはイチローの存在だった

 大学や球界屈指のレベルの高さを誇る東都大学リーグ。現在二部に所属しながらも、今春のリーグ戦で100安打を達成した安打製造機がいる。その選手が高部 瑛斗だ。

 東都二部で歴代最多の109安打の記録を超え、歴史に名を刻んだ高部はいかにしてヒット量産の技術を身に着けたのか。今秋のドラフトで注目される高部に話を伺った。

競争を勝ち抜くために現状に満足はなかった


 1つ上の兄の影響で小学2年生の終わりから野球を始めた高部は高校時代、東海大甲府で3年間を過ごした。
 「ここでも兄の影響で選択肢にあって、『どうせやるなら兄と勝負しよう』と思って、進学しました」

 しかし東海大甲府は山梨県内の名門。「人数も多いですが、凄い選手が沢山いました。なのに、試合に出られるのは9人だけなので、選手1人1人がいろんな面に対して意識が高い。想像以上できつかったですが、ギリギリの環境でプレーが出来たのは財産だと思います」

 競争社会に飛び込んだ高部は自分たちの代から頭角を出し始め、最後の夏は甲子園で終わった。
 「(東海大甲府は)野球以外のことも指導してくれる学校で、そういったところもしっかりできるようになって、野球の技術も合わせて向上し始めた。すべての面で成長されているのが認められて、レギュラーになれたんだと思います」

 挨拶やグラウンドでのダッシュなど、当たり前のことを徹底することが出来るようになった高部。また、レベルの高い環境にいたことで、「元々注目されてきたわけではないですし、上には上がいたので自分を磨けました」とライバルたちに刺激を受け続けて成長してきた。

 では実際に技術面はどんな意識を持って取り組んだのか。
 「自分には力がないので、とにかく転がして出塁する。最初は上手くいきませんでしたが、次第に確率が上がりまして、そこが評価されました」

 打席の中での対応力を磨き続けた高部。そこで大事にしたのが試合で試すことだった。
 「練習では大まかな感覚しかつかめないので、試合で細かい感覚を掴める。なので、試合での打席は集中した状態で、自分の感覚で打ちに行けるようになったことで、結果を残せるようになりました」