第1047回 甲子園4強に導いたプロ注目捕手・藤田健斗(中京学院大中京)のクレバーさに迫る 【後編】2019年10月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]各投手の個性を理解した気配りとリードで甲子園4強に導く
[2]夏の大会は高打率ながら満足いく打席は1つもない

夏の大会は高打率ながら満足いく打席は1つもない



藤田健斗(中京学院大中京)

 守備面では絶大な貢献をした藤田だったが、打撃面では満足いく打撃ができなかった。
岐阜大会では21打数8安打、打率.381と活躍を見せたが、
「岐阜大会の打撃は全然満足していないですね。自分にとって良いと思った打席が1つもありませんでした。また、僕はこの1年、調子が悪くて、納得いく打球を打てていません」

 その証拠に2年生秋までに高校通算20本塁打を放っている藤田。打率.467を残した甲子園での活躍を振り返ると、アベレージヒッターという印象を受けるかもしれない。ところが好調時は本塁打を続けて放つこともあるなど、強打ぶりにも自信がある。ただ強打ぶりを発揮する打撃ができなければ、4番としてチームの勝利に貢献する打撃をしなければいけないと切り替えた。

 甲子園で藤田は勝負強さを発揮。まず2回戦の北照戦では7回表に勝ち越し適時打を放ち、3回戦の東海大相模戦でも7回表に同点適時打。準々決勝の作新学院戦では3打数2安打の活躍を見せ、創部初の4強入りに貢献した。準決勝の星稜戦では、エース・奥川 恭伸と対戦。
「予想通りのストレートのスピード、変化球の切れ、コントロールの高さでした」と絶賛しながらも、第3打席に右前安打を放ち、全4試合で17打数7安打の活躍を見せた。自身の評価を大きく上げた甲子園となった。

 そして9月20日にプロ志望届を提出。入学時から思い描いていた、高卒プロを目指せる選手へと成長した。守備力、打撃力の総合力の高さを評価されている藤田だが、本人が目指しているのは「打てる捕手」。今では毎日、木製バットで打撃練習を行っている。

「木製バットは芯に当たらないと全然飛びません。だけど、真芯に当たれば、金属バットよりも飛んでいきます。ただし1ミリでもずれると飛びません。そういう難しさを感じながら練習しています」

 もしプロ入りが実現したならばと決意を語ってくれた。
「プロ野球の世界に入ったら、絶対に活躍して、『捕手は誰がいいかといわれたら、藤田がいい』といわれるような選手になりたいです」

 

 3年間の歩みを振り返っても、自分の立ち位置を理解しながら、最善のプレーと行動ができるのが藤田の最大の長所。それでいてプロ野球選手に必要な「向上心の強さ」も備わっている。

 プロ入りが実現した時、厳しい競争が繰り広げられるプロの世界でも藤田らしさを発揮し、名を残す活躍を見せてくれるのか注目だ。

(取材=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

藤田健斗(中京学院大中京)
藤田健斗(ふじた・けんと)
  • 中京学院大中京
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:173センチ73キロ
  •  
【関連記事】
第242回 ドラフト候補期待度ランキングベスト20!1位に選ばれたのはあの選手!【ドラフト特集コラム】
第1006回 県立岐阜商を打ち破るのはどの学校?ベスト4入り3校がいる西濃地区など各地区で激戦模様!【春季岐阜県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第4回 岐阜聖徳学園(岐阜) 「名物練習はロッキー!県立岐阜商を倒して県8強以上、そして甲子園へ!」【冬が僕らを強くする2020】
第4回 全国のレベルを痛感しつつ、自信も深めた2年時の甲子園出場 槙原寛己氏【中編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
藤田 健斗(中京学院大中京) 【選手名鑑】
中京学院大中京 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー