第1046回 山田知輝(東洋大)「フライボールスラッガーは挫折をバネにプロの世界で花を咲かせる」【後編】2019年10月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]飛躍を支えた『フライボール革命』と清水隆行氏の金言
[2]長打と打率を残せるスラッガーとしてプロの世界へ

 前編では、東洋大が誇る長距離砲・山田 知輝の打者として活躍するまでのストーリーを紹介してきた。後編では、飛躍につながった『フライボール革命』と東洋大OBの金言に触れていきたい。

前編はこちらから!
山田知輝「東洋大が誇る急成長株は、強い覚悟と決心をもって打者に挑んでいた」(前編)

飛躍を支えた『フライボール革命』と清水隆行氏の金言



山田知輝(東洋大学)

 2年生の秋に開幕スタメンながらノーヒットに終わった山田。大学ラストイヤーに結果を残すために大事な冬場を迎えた。その中で出会ったのが『フライボール革命』だった。

 「ライナーからフライくらいの高さの打球を打つように意識を変えました。ゴロを打たないようなスイングをイメージしてから結果を残せるようになりました」

 その中で参考になったのが柳田悠岐や吉田 正尚のスイングだったが、山田の心に刺さったのは柳田のある言葉だった。
 「柳田さんのインタビュー動画で、『インパクトの瞬間にバットを上げる』と言っていたんです。それは参考にしています」

 山田は3年生の春くらいまで、トップを低い位置に構え、レベルスイングで振り始めていく形だったが、フォームを変更。柳田さんのイメージを持ったまま、今のフォームに辿り着いた。だが、山田が結果を残せたのは意識を変えただけではない。

 「杉本監督から『タイミングを取り方が下手だ』と言われて。そこでも杉本監督に色々教わって、試していきました。その中で一番合っていたのが清水隆行さんの教えでした」

 東洋大のOBで、U-15日本代表の監督も務められた清水氏。「清水さんのおかげといっても過言ではないですね」という清水さんからタイミングの取り方を教わり、山田は急成長を遂げる。

 まず指摘されたのが、突っ込む癖だった。
「最初に見てもらったときに『近くに見える』って言われたんです。自分はそれを聞いたときに『突っ込む癖があるからバットとボールが衝突するというか。自分からボールとの距離を縮めている』と解釈しました」

 清水さんからも「いい打者は長くボールを見られる。自分の軸でボールを見られる」とアドバイスを受け、しっかりと距離を作れるように間の取り方をより重要視した。その中である練習方法を清水さんに伝授された。

【次のページ】 長打と打率を残せるスラッガーとしてプロの世界へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

山瀬 慎之助(星稜)
山田 知輝(やまだ・ともき)
  • 桐生第一-東洋大学
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:185センチ92キロ
  •  
【関連記事】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
第1208回 全国の舞台で見るものすべてに衝撃を与える打撃を!廣瀬智也(桐生第一)の夏にかける想い【後編】 【2020年インタビュー】
第1192回 強豪チームを渡り歩いてきた廣瀬智也(桐生第一)が主砲を担うようになるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1026回 群馬の「2強時代」に終止符を。桐生第一はこの夏、強豪の矜持を取り戻す【野球部訪問】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第113回 待ってろNPB!指名漏れからリスタートを誓う17名の逸材たち【高校野球コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
山田 知輝(桐生第一) 【選手名鑑】
桐生第一 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー