第1033回 「日本代表」の喜びを力に変えて 侍ジャパン女子代表U-18マドンナジャパン 工藤 里菜(神戸弘陵学園3年・三塁手)2019年10月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「安定した守備とバッティング」で侍ジャパンの力に
[2]「自分で考える」で成長できた神戸弘陵の3年間

 今年11月9日から中国・広東省中山市で開催される「第2回BFA女子野球アジアカップ」に参戦する侍ジャパン女子代表。前回大会に続き「U-18マドンナジャパン」として編成される今大会代表では、20名の高校生がアジア女子野球の頂点を目指していく。
 その中でもひときわ輝きを放っているのが身長171センチの大型三塁手・工藤 里菜さん(神戸弘陵<兵庫>3年)。秋田・八郎潟町立八郎潟中時代は吉田 輝星投手(潟上市立天王中~金足農~北海道日本ハムファイターズ)とも対戦した経験を持ち、主将として「全国高等学校女子硬式野球選抜大会」2連覇にも貢献した彼女へ、9月8日(日)の西日本合宿終了直後に話をうかがった。


「安定した守備とバッティング」で侍ジャパンの力に



工藤 里菜(神戸弘陵学園3年)

――まずは初の「侍ジャパン」としての2日間、感想はいかがですか?

工藤 里菜 三塁手(以下、工藤) 人数が少ない(西日本合宿は20名中11名が参加)中で選手間のコミュニケーションは取れましたが、まだプレーのコミュニケーションは取り切れていないので、そこは直前合宿で合わせていきたいです。

――練習中のノックでは三塁手の位置からいい送球を見せていました。

工藤 遠投は測定したことはないんですが、肩には自信を持っています。自分の持ち味は安定した守備とバッティングだと思っているので。チームでは4番を打っていたので足を使う機会はあまりなかったんですが、侍ジャパンでは狙えるところは狙っていきたいと考えています。

――では、侍ジャパンで自分の力をどのように活かしていきたいと思っていますか?

工藤 チームではどんどん打っていくスタイルでしたが、侍ジャパンでは小技・チームバッティング・進塁打など考えたバッティングをしていきたい。長野(恵利子)監督は1人1人に対して丁寧に「どうすべきか」を教えてくれるので、そこに応えたいです。


「自分で考える」で成長できた神戸弘陵の3年間



代表合宿でキャッチボールをする工藤

――少しここまでの球歴についてもきかせてください。小学校では野球をしていたのですか?

工藤 秋田の八郎潟スポーツ少年団ではソフトボールで投手をしていました。中学では軟式野球部。セカンドで5番から8番を打っていました(3年夏には全県少年大会優勝)。

――秋田県の中学軟式出身ということは1年先輩には北海道日本ハムファイターズ・吉田 輝星投手(潟上市立天王中~金足農)がいます。

工藤 中学校から同じ地区で見ていましたし当時からすごい投手。昨年の甲子園も見に行きました。秋田県出身として尊敬しています。対戦経験もありますが、実はあまり覚えていないんです(笑)

――高校は関西地区の神戸弘陵へ。東日本にも女子硬式野球の強豪校が多くある中、あえて神戸弘陵を選択した理由は?

工藤 小学校からずっと日本一を目指してきましたし、練習参加した中でも神戸弘陵は環境は練習に対する姿勢もよかったので進学を決めました。3年間はあっという間でしたが、自分で考えて試合や練習もできましたしプレーの課題に取り組めました。

――春の「全国高等学校女子硬式野球選抜大会」2連覇で日本一も経験した工藤さん、最後に改めて「第2回BFA女子野球アジアカップ」での目標と、これから先の夢を教えてください。

工藤 大学でも野球は続けるので、その前に高校最後の大会を優勝したい。 大学の先は球団職員とか野球にかかわる仕事につきたいとおもっています。 そしてこの大会は侍ジャパンとしても2連覇がかかっているし、チーム全員で勝ちたい。個人的には日本代表に選ばれた喜びを力に変えて、チームに貢献していきたいです。

 「好きなタレントは石原さとみさん。実は美容師とかになろうと思っていた時期もあるんです」と最後はハニカミながら教えてくれた工藤 里菜さん。どこにいてもすぐにわかるスター性を持つ彼女が「第2回BFA女子野球アジアカップ」で、さらなる輝きを放つことを期待したい。

(取材=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
神戸弘陵 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー