第1024回 エースになれなかった中・高時代 転機となったサイドスロー 近畿大の152キロ右腕・村西良太【前編】2019年09月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]投手人生の大きな転機となったサイドスローへの転向
[2]エースにはなれなかった中・高時代

 サイドスローに近いスリークオーターから繰り出す最速152キロのストレートが光る、今秋のドラフト候補・村西良太。大学通算奪三振率は10.98(今春のリーグ戦終了時点)。高い奪三振率を誇る、伸びしろたっぷりの右腕を直撃すべく、近畿大野球部グラウンドが位置する奈良県生駒市を訪ねた。


投手人生の大きな転機となったサイドスローへの転向



村西良太(近畿大)

「村西です。今日はよろしくお願いします」

 全体練習終了後、グラウンドに隣接する近畿大野球部寮のロビーにておこなわれたインタビュー。丁寧な挨拶とともに筆者の名刺を受け取った今秋のドラフト候補は、少しはにかんだような笑顔を浮かべながらアイスコーヒーを口に含んだ。好青年オーラが印象的な大学4年生。佇まいはいかにも「普通の大学生」だが、ひとたびマウンドに上がると、最速152キロのスピードボールを繰り出す剛腕と化す。

「『体のわりにえげつない球投げるな』とはよく言われますね。高校の頃から言われていました」
「今日は村西投手のこれまでの野球人生についてもいろいろとお聞かせください」
「わかりました!」

 兵庫県・淡路島で生まれ育った村西。地元の軟式少年野球チーム「佐野ドルフィンズ」に入団したのは小3の時だった。
「たまたまグラウンドでチームが練習しているのを見る機会があったのですが、すごく楽しそうだなと思って。気づけば『自分もやりたい!』という気持ちになっていました。ポジションは1番最初がセンターで上級生になるとピッチャー兼ショート。当時はオーソドックスなオーバースローで投げていたのですが、コントロールがすごく悪くて…。肩は強かったので球はまぁまぁ速い方だったのですが」
 中学では硬式クラブの「アイランドホークス」でプレー。1年秋からは投手も務めるようになったが、監督の勧めで腕の位置を下げたところ、制球力が大幅に向上した。

「監督に『腰の回転がサイドの使い方だから腕を下げた方が合う』と言われ、オ―バースローからサイドスローに限りなく近いスリークオーターの位置まで一気に腕を下げたところ、ボールのスピードはそのままで、コントロールがかなりまとまるようになったんです。すぐに『腕を下げたフォームの方が自分に合っている!』と思えましたね。以来、腕の位置は今日までずっと同じ。腕を下げるなんて自分ではおそらく考え付かなかった。自分にとっての大きな転機のひとつだと思っています」 

【次のページ】 エースにはなれなかった中・高時代

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

村西良太(近畿大)
村西良太(むらにし・りょうた)
  • 津名-近畿大
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:174センチ72キロ
  •  
【関連記事】
第1069回 次世代の大型スラッガー・佐藤輝明(仁川学院-近畿大)の急成長にあった「右わき」を締めない意識【後編】 【2019年インタビュー】
第1069回 柳田悠岐、糸井嘉男を凌ぐスケールを持つ、ホームランの求道者・佐藤輝明(仁川学院-近畿大)【前編】 【2019年インタビュー】
第1032回 152キロの剛腕サイド・村西良太を覚醒させた「昼寝」と「巨人・畠からの金言アドバイス」 【2019年インタビュー】
第959回 偉大な先輩たちの背中を追ってきた下級生時代 中野波来(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第24回 勝利と育成の両立を可能にした「状況に応じた野球」の追求 西京ビックスターズ(京都)【前編】【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第891回 150キロは目前。藤本竜輝が追求する「下半身主導フォーム」と「ボールの回転数」【後編】 【2019年インタビュー】
第535回 「目線は常に日本一へ」兵庫の公立の雄・社が固めた強い決意【後編】【野球部訪問】
第532回 『目標』ではなく『決意』の域へ!兵庫県の公立の雄・社が痛感した勝負への姿勢【前編】【野球部訪問】
環太平洋大vs近畿大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
近畿大vs筑波大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
第84回 兵庫県立津名高等学校(兵庫)【冬が僕らを強くする2017】
第422回 【兵庫展望】この秋も序盤から好カード続出!激戦ブロックを勝ち抜くのはどの学校か?【大会展望・総括コラム】
近大泉州 【高校別データ】
近大附 【高校別データ】
津名 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー