第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き2019年09月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 2019年 第29回 WBSC U-18ワールドカップ4日目。侍ジャパンU-18代表はチャイニーズタイペイに1対3で敗れ、対戦成績が3勝1敗となった。敗れはしたものの、この試合、4.2回を投げて、自責点1の力投を見せた最速149キロ左腕・宮城 大弥興南)に今回は迫りたい。



宮城大弥(興南)

 試合中は常に無表情。雨が降り、投げにくい環境の中でも、コントロールが効いた常時130キロ後半の速球と、落差が鋭いスライダーをコントロール良く投げ分ける宮城。3失点を喫したが、自責点1と一定以上の成果は残した。

 それでも試合後のコメントは後ろ向きだった。
「調子は良くなかったです。ストレートはいつもの走りではなく、(投げていて)苦しかったです。自分は調子の波が大きいので、国内合宿と比べるとあまり良いピッチングではなかったです」

 宮城は、好調時は1イニングに145キロ以上を4~5球は投げる。しかし、この試合は、平均球速は明らかに遅く、最速は2回裏に記録した142キロだった。ちなみに、前日のアメリカ戦の最速も138キロ。ストレートが走らないとなれば、変化球の精度が大事になるが、スライダー、チェンジアップも思うようなボールが投げられない。

 球場のマウンドに順応できていないことも一つの要因だった。
「マウンドが低くて投げにくくて、土がべったり付く感じでやりにくさはありました」
 それでも宮城は、感情を表には出さない。前日のアメリカ戦でも、最後を締めくくっても、宮城はガッツポーズすることなく、ホームベースに向かった。それは、興南の教えがある。

「興南高校は感情を出さずにプレーをするのが教えなので、その教えは世界大会でも大事にしたいと思っています」
 そこが宮城の強さなのだ。思うようなピッチングができなくても、淡々と仕事をこなす。

 宮城は、世界一へ向けて秘めたる思いを語ってくれた。
 「未だ成し遂げていない世界一を僕たちが達成したい。そんな思いでこの大会にきました」
 中学時代に選出されたU15で達成できなかった世界一を目指し、宮城大弥は韓国の舞台でも淡々と大仕事をやり遂げる。

(記事=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

宮城大弥(興南)
宮城 大弥(みやぎ・ひろや)
  • 興南
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投左打
  • 身長体重:172センチ78キロ
  •  
【関連記事】
第10回 甲子園とは違う緊張をプロで味わった島袋 洋奨さん(興南出身)が贈る球児たちへのメッセージ【甲子園のヒーローに会いに行く】
第9回 史上6校目となった春夏連覇を成し遂げた島袋洋奨さん(興南出身)が語った偉業達成の裏側【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
第17回 まだ議論が出尽くされていない。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【後編】【沖縄の高校野球】
第17回 甲子園開催の、大会開催の道を探そう。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【前編】【沖縄の高校野球】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
興南 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー