第1031回 「全力少女シリーズ」の主演・池田朱那さん 「いつか野球の仕事がしたかった」2019年08月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]兄が健大高崎の選手だったことは誇り
[2]いつか野球の仕事がしたかった


 青春体験型野球ゲーム『八月のシンデレラナイン』において、TVCMである「全力少女シリーズ」の第4話『全力少女 ~僕じゃないんだ 篇~』が、2019年8月9日から全国でオンエアされている。

 今回のCMの見どころの一つが、主演の池田朱那さんが見せる制服姿でのキャッチボールシーンだ。女の子とは思えない力強い投球フォームに、とても驚かされるCMとなったが、驚くのも無理はない。実は池田さんは、小学校1年から中学1年まで野球をやっていた生粋の野球少女なのだ。

 今回はそんな池田さんにインタビューを行い、野球を打ち込んでいたときの思い出や、現在のお仕事についてお話を伺った。今、人気急上昇中の野球少女の素顔に迫っていく。

兄が健大高崎の選手だったことは誇り



「全力少女シリーズ」主演の池田朱那さん

 野球を始めたきっかけに、兄の存在を明かした池田さん。小学校に入る前から、よく兄のユニホームを勝手に着て遊んでおり、その度に怒られたことを笑顔で振り返る。

 「二つ上の兄がや野球をやっていて、楽しそうだなと思っていました。勝手にユニフォームを着て怒られたんですよ、小学生にならないとダメだって。小学生になってやっと野球を始めて、中学1年生までやりました」

 約7年の間野球に打ち込んだ池田さんだが、その中での一番の思い出に4年生の時に出場した大会を挙げる。
 当時のチームを「弱小チームだった」と振り返るが、4年生までが出場できる大会でチームは見事ベスト4に進出。自身も「3番・ピッチャー」として活躍し、思い出に残る大会となったのだ。

 「同級生が4人しかおらず、2つ年下の選手にも出てもらったような状態でした。それでもすごく仲が良いチームで、みんなが頑張ったことで勝つことができました。その大会が忘れられません」

 中心選手としてチームを引っ張っていた池田さんだが、あくまで「みんなに支えてもらっていた」ことを強調する。そんなチームメイトを思う気持ちが、きっとチームの団結力を生み出したのだろう。

 そしてもう一つ、池田さんには野球での大きな思い出がある。実は野球を始めるきっかけにもなったお兄さんは、高校野球の強豪・健大高崎の野球部に所属していたのだ。
 そんなお兄さんのこと「誇り」と表現し、小学校時代の思い出も振り返る。

 「野球やってる時から、兄は私のヒーローでした。すごく上手で足も本当に速くて、何でもできました。
 今年は初戦で負けてしまってびっくりしましたが、兄が健大高崎の選手だったことは誇りです」

【次のページ】 いつか野球の仕事がしたかった

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

池田朱那
池田朱那
  • 2001年10月31日生まれ
  • 群馬県出身
【関連記事】
第4回 「球数制限を行う健大高崎から学べるもの」古島弘三医師 インタビューVol.4【球数制限問題】
第640回 知識と技術の引き出しを増やし、黒坂流で悲願の甲子園を目指す!昌平(埼玉)【前編】【野球部訪問】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第924回 前橋育英を中心に優勝争い!対抗馬の一番手は健大高崎で樹徳や桐生第一も追いかける【大会展望・総括コラム】
第945回 自省を繰り返し、高クオリティな速球派右腕へ 岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
第908回 スマートフォンの人気野球ゲーム『八月のシンデレラナイン』はどのようにして生まれたのか? プロデューサー・山口修平氏 【2019年インタビュー】
第785回 今も未来もただ勉強あるのみ 勝たせる捕手・柘植世那(Honda鈴鹿) 【2018年インタビュー】
第772回 目指すはトリプルスリー!研究心豊かなスラッガー・山下航汰(健大高崎)【後編】 【2018年インタビュー】
第764回 通算75本塁打の礎を作った中学時代と高校1年時の打撃改造 山下航汰(健大高崎)【前編】 【2018年インタビュー】
健大高崎 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー