第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢2019年08月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]20歳を越えて心のモヤモヤが無くなった
[2]将来は英語力を活かしてスポーツに関わりたい

 2016年夏、大分の女子マネジャーとして甲子園練習に参加するも、当時の規定により大会関係者に制止を受けた首藤桃奈さん。事態が報道されると世論を巻き込む騒動へと発展し、大きな注目を浴びる存在となった。

 あれから3年、大学生となった首藤さんは当時の騒動をどのように感じているのか。甲子園球場での心境やチームメイトとの会話を振り返っていただき、また現在の大学生活についても語っていただいた。



20歳を越えて心のモヤモヤが無くなった



首藤桃奈さん

 「甲子園練習が終わった直後は、私の中で少しギクシャクしてました。選手も自分たちの野球を見て欲しくて甲子園まで来たのに、申し訳ない気持ちでした」

甲子園練習でグランドへの立ち入りを制止された後、世間の注目は主役である選手ではなく首藤さんに注がれた。囲み取材でも、記者の多くは選手ではなく首藤さんのもとに集まり、そんな状況に選手への申し訳なさが募ったのであった。

「試合中も、普段はマネージャーはメンバー外の選手たちと一緒に前で応援します。ですが、注目されたことで一番前で応援できないと言われて、2、3列目での応援となりました。
取材はNGでしたが、バッターボックスが見えないくらいカメラマンさんもたくさんいて、吹奏楽部との連携もあまりうまくいかなかったので、全部私のせいだと思っちゃって」

 選手たちの晴れ舞台に胸が躍った一方で、みんなに迷惑を掛けてしまった。
甲子園での心境を「一番良くも悪くも強い印象」と表現し、野球部を引退した後もモヤモヤとした気持ちを抱えていたと話す首藤さん。



当時の大分の選手たち

 だが最近になり、心に残っていた「悪い印象」を晴らしてくれる出来事があったことを首藤さんは明かす。
大分高校野球部のチームメイトとは現在でも定期的に集まり、20歳を過ぎことでお酒を酌み交わすことも多くなった。当然甲子園での思い出も語り合うのだが、当時の騒動も今となっては良い思い出として心に残っていることを聞かされ、

「お酒が飲めるようになって、当時のことを深く話せるようになりました。
『あの時は色々あったけど、俺面白かったと思うよ』とか、
『こんな形だけど大分高校の名前が広まって、俺たちの野球を少しでも見てくれる人が増えてよかったよ』とか話してくれて、ずっと心にあったモヤモヤが無くなって楽になりました。
これから先、これを超える思い出は無いなと思いますね」

【次のページ】 将来は英語力を活かしてスポーツに関わりたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

首藤桃奈
首藤桃奈
  • 元大分マネージャー
【関連記事】
第88回 甲子園ブラバン新神曲・國學院久我山「一本」誕生秘話  ~「歌」と「歌詞」の魅力を発揮させた「神曲」~【高校野球コラム】
第64回 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!【101回大会特集】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第61回 夏の甲子園、大阪勢としては初の連覇だが通算14回目の優勝は圧倒的 ~令和最初の優勝が履正社で、大阪勢の2強新時代を形成か~【101回大会特集】
第61回 2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン【101回大会特集】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第930回 狙うは日本一の二塁手!先頭打者として勢いをつける打撃を見せたい足立駿(大分)! 【2019年インタビュー】
第930回 好奇心旺盛な姿勢から九州ナンバーワン捕手へ!選抜では江川侑斗の名を広めたい 【2019年インタビュー】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
大分 【高校別データ】
大分工 【高校別データ】
大分商 【高校別データ】
大分一 【高校別データ】
大分二 【高校別データ】
情報科学 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
中津商 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
森 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー