第1022回 アウトにならない究極の打撃を目指して 黒川史陽(智辯和歌山)【後編】2019年07月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]センバツ大会後におこなったフォーム改良
[2]やってきたことを全て出し切る夏にしたい

 名門智辯和歌山で、高校野球史上9人しか達成していない偉業、5期連続甲子園に挑むプロ注目の天才打者・黒川 史陽選手。2年春にはその勝負強いバッティングでチームをセンバツ準優勝まで導いた。最上級生となってからはキャプテンを任され、プレーと言葉でチームを引っ張り、今年のセンバツではチームはベスト8に。

 後編ではセンバツ後のU18の代表合宿で全国の一流選手と対戦した事で見えてきた新たな自分、そして高校野球最後の夏への熱い意気込みを語ってもらった。

甲子園優勝した父を超えるため、セカンドで上を目指したい 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】

センバツ大会後におこなったフォーム改良



黒川史陽(智辯和歌山)

 「アウトにならない打撃を一番に考えています」

 打撃面で意識をしていることを尋ねた際、真っ先に返ってきた答えだ。

 「今はトップバッターを任されることも多いので、とにかく出塁することがなにより大事。ボール球に手を出さず、甘い球をしっかりととらえ、アウトになりにくいライナーを打つことを強く心がけています」

 バッティングフォームに関しては、センバツ大会後に改良を加えた。

 「元々、インコースのストレートに詰まりやすい傾向があったのですが、センバツ大会後のU-18の合宿で速いボールを投げ込んでくる投手たちと対戦した際にインコースのまっすぐにことごとく差し込まれてしまって…。『自分は内角速球があまり得意じゃない』ということを強く思い知らされてしまったんです」

 自身のフォーム動画を繰り返し分析し、指導者たちとの相談を重ねながら原因、対処法を探った。

 「頭が投手方向に突っ込むクセがあったのですが、やはりここが無駄な動きであり、修正ポイントかなと。頭が突っ込まないよう、軸足である左足の上に体重をずっと置いておくイメージで打つようにしたところ、非常に感覚がよかった。
 今、意識の上では軸足に100%の体重を乗せる極端なイメージでやってますが、頭のブレが減ったことで、甘い球を一回で仕留められる確率が上がりました。長くボールを見る感覚が生まれたことで、ボール球に手を出す割合も減り、テークバック時にバットのヘッドが投手方向に入り気味な点も自然に改善された。今までで一番ムダのない打ち方ができているんじゃないかと思います」

【次のページ】 やってきたことを全て出し切る夏にしたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

池田 陽佑(智辯和歌山)
黒川 史陽(くろかわ・ふみや)
  • 奈良県河合町出身
  • 河合フレンズ-泉州阪堺ボーイズ-智辯和歌山
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:182センチ83キロ
  •  
【関連記事】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1033回 なぜ奥川恭伸は超一流投手になったのか?それは高い次元を求めたマイナス思考にあった 【2019年インタビュー】
第19回 奥川恭伸(星稜)の課題はコンディショニング。焦らず最善のピッチングを【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第11回 佐々木、飯塚ら史上最強投手陣の仕上がりは順調!あとは奥川恭伸の復調を期待するのみ!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第3回 智辯魂を胸に刻み、世界の強打者をねじ伏せる!池田陽佑(智辯和歌山)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1021回 そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1019回 前向きに全国制覇と日本一の捕手へ 東妻純平(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1018回 兄のリベンジを胸に名門の扉を叩いた超強肩捕手 東妻純平(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
黒川 史陽(智辯和歌山) 【選手名鑑】
智辯和歌山 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー