第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】2019年07月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【田中誠也のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]周りはすべて速い投手ばかり。コントロールを突き詰めようと考えた
[2]全国舞台で活躍も敦賀気比戦の投球は自分を変えてくれた

全国舞台で活躍も敦賀気比戦の投球は自分を変えてくれた



大阪桐蔭時代の田中誠也

 そして西谷監督から低めの重要性を説かれ、さらに好投手になるために、3つのポイントを指導された。

「リズム、タイミング、コントロールですね。捕手からボールを受け取ったらすぐに投げて、低めに投げる。試合でもそれを意識していたら、ゲームを作れる回数が増えるようになりました。ずっと同じ低めに投げ続けることで長打を防ぐことはできましたし、変化球を低めに落とすことができれば、空振りを奪うことができました」

 西谷監督のアドバイスを忠実に守り、練習試合でも結果を残し続けた田中は春の大阪府大会でベンチ入りを決め、春の大会でも結果を残し、夏でもベンチ入り。夏の大阪大会決勝では先発マウンドにたつ。

「決勝戦の前日の夜に先発を言われて、その夜はあまり眠れなかったです。とりあえず気持ちで投げた感じですね」

 決勝戦では完投勝利を挙げ、見事に甲子園出場を決める。甲子園でも八頭戦(試合レポート)で完封勝利を上げるなど、甲子園でも好投を見せ、優勝を味わう。

「あの時の3年生は取られても取ってくれる素晴らしい打線で頼もしさを感じましたし、投げやすかったです」

 3年生たちへ感謝の思いを口にした。そして2年秋はエースとしてマウンドに立つ。春、夏を経験し、余裕を持ってマウンドにたつことができていた。

 秋は9試合57回を投げ、74奪三振、防御率1.74と好成績を挙げ、近畿大会ベスト8入りし、センバツ出場に貢献。センバツでも好投を続け、東海大菅生八戸学院光星常総学院を強豪相手に三試合連続完投勝利。27回を投げて4失点と抜群の安定感を示していた。



田中誠也

 入学から磨き続けてきたコントロールはさらに精度が増し、高校に入ってマスターした縦横のスライダーが冴え渡り、大会を代表する左腕として前評判どおりの投球を続けていた。夏春連覇へ準決勝に臨んだ敦賀気比戦だったが、2回途中まで投げて満塁弾2本浴びるなど、10失点で降板。チームは敗れた。この敗戦は今でも忘れられない。

「人生でもあんなに打たれた経験はないと思うほど打たれた試合です。悔しい気持ちはありますが、逆にあの経験がなければ、野球に対する取り組みは変わっていなかった出来事だと思っています。その時のチームメイトには本当に申し訳なかったのですが、まだ甘かった自分の取り組みを変える良い敗戦だったといえます」

 敗戦をしっかりと受け止めて、変わることができたといえるほどの成長を見せた田中。西谷監督は高校時代の田中のことを、「負けん気が強くて、向上心も強い投手でした。だから練習中ではコーチと何度も相談しながら、練習に取り組んでいた投手でした」と称えるように、さらに強い向上心を持って練習に取り組むようになった。

「チームに迷惑をかけたので、それを取り返すつもりで取り組むことができました。春に打たれたからこそ、直向きに夏に向かって取り組む事ができたと思います」

 最後の夏はベスト8止まりで、夏4連覇とはならなかったが、成長を実感できる夏だった。田中は高校から大学までの野球人生を振り返る上で、野球に対する取り組みを変える2つの出来事があったと語る。その1つ目が敦賀気比戦の投球なのだが、もう1つが立教大進学後のあるリーグ戦だ。その出来事については後編で触れていきたい。

 前編はここまで。後編では野球への取り組みを変えるきっかけとなった二つ目の出来事について伺いました。後編もお楽しみに!

【後編を読む】研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】

文=河嶋 宗一


大阪桐蔭特集がスタート!!

 6月17日から大阪桐蔭特集がスタートしています。17日連続で記事を掲載していきます。大阪大会夏3連覇を狙う大阪桐蔭の選手たち、OBたちを取材し、大阪桐蔭の魅力をたっぷり伝えていきます。
6月17日12時 大阪桐蔭 野球部訪問【前編】「夏の全国連覇を目指して、大阪桐蔭の現在地」
6月18日12時 大阪桐蔭 野球部訪問【後編】「どんな結果でも日本一を追求しつづける毎日は変わりない」
6月19日12時 中野波来主将 インタビュー【前編】「偉大な先輩たちの背中を追ってきた下級生時代」
6月20日12時 中野波来主将 インタビュー【後編】「知られざる主将としての重圧。すべてを乗り越え、夏は大爆発を」
6月21日12時 宮本涼太選手 インタビュー【前編】 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征
6月22日12時 宮本涼太選手 インタビュー【後編】 そして憧れる強打の二塁手へ 宮本涼太(大阪桐蔭)【後編】
6月23日12時 西野力矢選手 インタビュー 憧れは中田翔!2年生4番・西野力矢(大阪桐蔭)はチームの勝利の為に打ち続ける
6月24日12時 OB 青地斗舞選手(同志社大学)インタビュー【前編】 大阪桐蔭最強世代の2番になるまでの軌跡
6月25日12時 OB 青地斗舞選手(同志社大学)インタビュー【後編】史上初2度目の春夏連覇を達成の影に高校生活で最も厳しい練習があった
6月26日12時 OB 道端晃大選手(同志社大学)インタビュー【前編】 センバツ連覇で喜ぶ同級生たちをスタンドから見守った
6月27日12時 OB道端晃大選手(同志社大学)インタビュー【後編】「野球は高校野球だけじゃない」恩師の言葉を胸に
6月28日12時 OB 宮崎仁斗選手(立教大)インタビュー【前編】「自分の生きる道を考え続けた3年間 宮崎仁斗(大阪桐蔭-立教大)」
6月29日12時 OB 宮崎仁斗選手(立教大)インタビュー【後編】「自分の居場所を見つけて勝負ができれば、チームも強くなる 宮崎仁斗(大阪桐蔭-立教大)」
6月30日12時 OB 山田健太選手(立教大)インタビュー【前編】「甲子園で活躍するための練習、生活を送ってきた 山田健太(大阪桐蔭-立教大)」
7月1日12時 OB 山田健太選手(立教大)インタビュー【後編】「4年後はメンタリティも、技術もプロに進むのに相応しい選手へ 山田健太(大阪桐蔭-立教大)」
7月2日12時 OB 田中誠也選手(立教大)インタビュー【前編】「コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)」
7月3日12時 OB 田中誠也選手(立教大)インタビュー【後編】「研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

福重 圭誇(尚志館)
田中 誠也(たなか・せいや)
  • 立教大学
  • ポジション:投手
  • 身長:171センチ 体重:68キロ
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
田中 誠也(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
常総学院 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
八頭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー