第954回 追い求めないことにより自然と出た151キロ 全てをぶつけて日本一を掴む!原田泰成(東海大)【後編】2019年05月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【原田泰成(東海大)のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]1つのトレーニングが151キロまで飛躍させた
[2]大学4年間のすべてをぶつけて日本一を狙う!



 前編では原田 泰成投手が野球を始めたきっかけから、高校時代までを振り返った。後編では大学での飛躍のキッカケや大学野球ラストイヤーへの想いを語ってもらった。

 全ての練習をピッチングに繋げる!151キロ右腕が辿ったエースへの道のり 原田泰成(東海大)【前編】

1つのトレーニングが151キロまで飛躍させた



投球練習をする原田泰成(東海大)

 原田 泰成に転機が訪れたのは2年生の時。チームスタッフが交代となり安藤 強監督が就任。コーチ陣も入れ替わったことで練習メニューも変わったのだが、そのなかに飛躍への大きなきっかけとなったトレーニングがあった。それは投球に必要な動作を一つひとつ確認しながら体を動かすものなのだが、原田投手に詳しく聞いてみた。

―― この練習のやり方を教えてください

原田 泰成選手(以下、原田)  ピッチングをする時は足を上げてから投げますが、まずはその足を上げる時の動作だけを切り取って練習します。大切なのは、足を上げる時にしっかりとお腹に力を入れて上げることです。
 お腹に力が入っていることを確認しながら右足と左足を交互に上げて一歩ずつ進んでいくのですが、コツとしては足を上げるというよりも、軸足の方を地面に突き刺すような感覚で体を動かします。そして、自分は右投げなのでピッチングをする時のように右足を上げる時はホームプレートがある方向へ顔を向けて、実際にボールを投げるイメージを膨らませています。

―― セットとなる別の動きがもう一つあるそうですが、そちらのやり方も教えてください

原田  バッターの方向へ力を伝えていくために、横へ体を動かします。やり方は、まず実際に投げる時の、足を前へ踏み出す直前のポジションを作ります。その体勢から、一度、手を叩き、それを合図にしてバッターの方向へ体重移動をして力を伝えていきます。この動作を何度か繰り返すのですが、コツとしては足をきちんと踏み出して、頭と足の間に距離を作るようにするのが良いでしょう。

―― この練習をすることで、どのような効果が得られるのでしょうか?

原田  実際にボールを投げる時にどのように力が伝わっていくかを感じながら、体に覚えこませることができます。そして、下半身と上半身を連動して動かす訓練になるので、最終的には力を入れなくてもスムーズに腕が振れるようになります。また、同時に自分のフォームを安定させて、しっかりと固めることができます。

 こうした練習の成果が出たのは2年夏。社会人のJFE東日本と行ったオープン戦で自己最速となる151キロを記録すると、その後も150キロ超えを何度もマークしている。「高校生の頃は速いボールを投げたいと考えていましたが、今、球速についてはあまり気にしていなくて、151キロが出た時も『自然に出た』という感じだったんです」。

 この原田投手のストレートに対してはバッテリーを組む海野 隆司捕手も「原田は真っすぐで押していける投手でリードがしやすい」と絶賛しており、大きな武器となっている。

【次のページ】 大学4年間のすべてをぶつけて日本一を狙う!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

原田 泰成(東海大)
原田 泰成(はらだ たいせい)
  • 東海大
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長・体重:180センチ・92キロ
【関連記事】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
第1033回 2011年夏の甲子園で選手宣誓!元金沢主将の石田翔太さんが振り返る甲子園 【2019年インタビュー】
第935回 【千葉大会総括】令和最初の千葉大会はノーシード8校がベスト16!戦国千葉に相応しい大会に【大会展望・総括コラム】
第588回 4年連続夏初戦敗退から一転!銚子商(千葉)を蘇らせたチャレンジャー精神【前編】【野球部訪問】
第938回 千葉を代表する木更津総合、習志野を阻むチームは?どのブロックも熱い!【後編】【大会展望・総括コラム】
第57回 「考える野球」の土台は日常生活の中で作られる 杉山繁俊監督(東海大福岡)【後編】【名将たちの言葉】
第965回 首都の堅守・強肩捕手!打撃を磨き、目指すはプロ入り! 海野隆司(東海大)【後編】 【2019年インタビュー】
第964回 今秋ドラフト候補!二塁送球タイム最速1.72秒の強肩の持ち主・海野隆司(東海大)【前編】 【2019年インタビュー】
第954回 全ての練習をピッチングに繋げる!151キロ右腕が辿ったエースへの道のり 原田泰成(東海大)【前編】 【2019年インタビュー】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
原田 泰成(東海大望洋) 【選手名鑑】
東海大三 【高校別データ】
東海大市原望洋 【高校別データ】
東海大仰星 【高校別データ】
東海大星翔 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大五 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東海大一 【高校別データ】
東海大二 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー