第909回 スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】2019年04月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]まずはスパイクを履いて、立って歩いてみることが大事
[2]「コウノエベルトスパイク」は新しい感覚で「面白い」と思ってもらえる

「コウノエベルトスパイク」は新しい感覚で「面白い」と思ってもらえる



コウノエベルトスパイクを手に取る千賀滉大投手(福岡ソフトバンクホークス)

―― ということは、高校生もそういった点に気を遣えば、パフォーマンスも上がってくる。

千賀 高校生がスパイクを履く時も「いいな」と思うものを使うことがすごく必要だと思います。自分の身体を正しい方向に導くためにスパイクを使っていけば、自分の合っていないものを使っていくよりも練習から成果は出やすい。
 そのためのツールとして、コウノエベルトスパイクのようなスパイクを履くことは大切だと思います。

―― そんな「コウノエベルトスパイク」を履いて、千賀滉大投手の2019年シーズンがスタートしようとしています。自身はこのスパイクを履いてどんなパフォーマンスを発揮したいと思っていますか?

千賀 優勝は絶対として、ベルトがスパイクの上にあった昨年までと比べ、今年はスパイクの中にベルトが入った形のコウノエベルトスパイクを履くので、このスパイクでしっかり戦って、たくさん活躍して、このスパイクがいっぱいメディアに映るようにしたいですね。

―― では最後に高校球児に向けたメッセージを千賀投手からお願いします。

千賀 高校野球は限られた時間の中での過ごすものですし、かけがえのないもの。その中で、よりいい用具を使うことがすごく重要なことだと思いますので、自分に合ったものを試してほしい。
 この「コウノエベルトスパイク」について言えば誰もが履けば新しい感覚、「面白い」と思ってもらえると感じているので、歩いて、ちょっとシャドーピッチングして、いろいろ動いてみて、能力を出してほしいですね。そういった選手が出てきてくれれば僕もうれしいです。

文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

千賀 滉大
千賀 滉大(せんが・こうだい)
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 経歴:蒲郡
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長体重:186センチ84キロ
  • 生年月日:1993年1月30日生まれ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第78回 150キロ右腕から強肩強打のスラッガーへ。福岡ソフトバンク・小林 珠維(東海大札幌出身)を変えさせた2年夏のベンチ外【恩師が語るヒーローの高校時代】
第76回 生かす殺すも自分次第。福岡ソフトバンクが誇る神足・周東佑京(東農大二出身)を変えた大学4年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1125回 湖国の至宝・山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)を一躍有名にした元プロとの対戦【後編】 【2020年インタビュー】
第1116回 剛速球右腕・甲斐野央(福岡ソフトバンク)が振り返った激闘の1年目。2年目の目標達成のために掲げた3つの課題 【2020年インタビュー】
第94回 多摩大聖ヶ丘時代に通算38発を放ったソフトバンク・福田秀平がFA宣言【高校野球コラム】
第8回 「育成力を武器に将来の主軸候補を」スポーツライター・小関順二さんがソフトバンクのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第92回 カーター・スチュワート・ジュニア(福岡ソフトバンクホークス/投手)無限大の将来性を持ってフロリダからやってきた「若鷹右腕」 【高校野球コラム】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
千賀 滉大(蒲郡) 【選手名鑑】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー