第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】2019年04月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高校時代「全く気にしなかった」スパイクが…
[2]「地面を感じる」中で下したWBCでの決断

「地面を感じる」中で下したWBCでの決断



コウノエベルトスパイクの良さを力説する千賀滉大投手(福岡ソフトバンクホークス)

―― それともう1つ、今はNPBもマウンドがMLB仕様で固くなっていますがいますが、マウンド状況に対応する上でも「コウノエベルトスパイク」は役に立っていますか?

千賀 地面を把握する上でもいいスパイクだと思います。高校生の場合はほぼ柔らかいグラウンドに対してスパイクを扱うことになると思いますが、そこにもベルトがあることによって合わせられると思います。理想は「コウノエベルトスパイク」に足首ベルトが加わった形。そうすれば、もっと細かく地面を感じられると思います。

―― 1つ例をあげると2017年のWBCの場合、日本のマウンドとアメリカMLB仕様のマウンドには違いはありましたか?

千賀 全然違いました。アメリカは全くスパイクの歯が刺さらないんです。歯が入っていかず、単に地面に足を乗せて投げているだけ。実際には少しだけ歯が刺さっていましたけど、「浮いて投げている」イメージ。それくらい固かったです。

―― 「足首を固める」というのは、これも説明が難しい感覚かもしれませんが、もう少し詳しくお話頂いていいですか?

千賀 たとえばこの「コウノエベルトスパイク」の場合、ベルトを巻いていた時ほどではないしにしてもベルトが付いていることで足首とかかとで骨を感じることができるんです。それによってマウンドでも地面をつかむ感覚を持つことができる。ベルトも僕にとってはフィット感を得るための1つのツールです。

―― その時はどういった対応をしたんですか?

千賀 デサントの方にその場でスパイクの歯を長めに変えてもらいました。あの時は本当に固くて難しかったですが、歯のところ以外はスパイクについてはスムーズに使えましたね。

 前編はここまで。後編では今季から本格導入する「コウノエベルトスパイク」の特長と、高校球児へのメッセージを千賀投手自身から語って頂きます。

スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】

文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

千賀 滉大
千賀 滉大(せんが・こうだい)
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 経歴:蒲郡
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長体重:186センチ84キロ
  • 生年月日:1993年1月30日生まれ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第78回 150キロ右腕から強肩強打のスラッガーへ。福岡ソフトバンク・小林 珠維(東海大札幌出身)を変えさせた2年夏のベンチ外【恩師が語るヒーローの高校時代】
第76回 生かす殺すも自分次第。福岡ソフトバンクが誇る神足・周東佑京(東農大二出身)を変えた大学4年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1125回 湖国の至宝・山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)を一躍有名にした元プロとの対戦【後編】 【2020年インタビュー】
第1116回 剛速球右腕・甲斐野央(福岡ソフトバンク)が振り返った激闘の1年目。2年目の目標達成のために掲げた3つの課題 【2020年インタビュー】
第94回 多摩大聖ヶ丘時代に通算38発を放ったソフトバンク・福田秀平がFA宣言【高校野球コラム】
第8回 「育成力を武器に将来の主軸候補を」スポーツライター・小関順二さんがソフトバンクのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第92回 カーター・スチュワート・ジュニア(福岡ソフトバンクホークス/投手)無限大の将来性を持ってフロリダからやってきた「若鷹右腕」 【高校野球コラム】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
千賀 滉大(蒲郡) 【選手名鑑】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー