第887回 中国地区屈指の速球派・三奈木亜星(山口東リトルシニア)。高校でもスターの道へ2019年01月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]リベンジを果たしたリトルシニア選手権
[2]伸びが全然違った吉田輝星のピッチング


 第46回日本リトルシニア日本選手権大会で、準優勝に輝いた山口東リトルシニア。そんな強豪チームを、エースとして牽引したのが三奈木亜星投手だ。最速138キロの力強い直球を軸に、全国の並み居る強豪を次々と打倒し、大きな存在感を見せた。
 今回は、そんな三奈木選手に独占インタビューを行い、2年5カ月の中学野球で歩んできた道のりや、今春からスタートする高校野球生活について語っていただいた。

リベンジを果たしたリトルシニア選手権



三奈木亜星(山口東リトルシニア)

 三奈木投手が山口東リトルシニアに入団したのは、ごく自然な流れであった。兄も山口東リトルシニアに在籍し、ジャイアンツカップに出場する姿を見たこともあり、その憧れが入団に繋がったと話す。

 「元々、強いチームでやりたいという思いもありました。自分も全国の舞台で活躍したいと思って山口東リトルシニアに入りました」

 入団した後は、硬式ボールへの対応に少し苦労はあったが、徐々にその実力を発揮し始める。体の成長と共に、球速も見る見るうちに上昇。2年生になる頃には、エース格として試合に出場するようになり、リトルシニア日本選手権にも出場を果たした。

 順風満帆な中学野球生活を突き進んでいた三奈木投手。だが、この2年時に出場したリトルシニア選手権大会で大きな壁にぶつかる。1回戦で対戦した東京都の強豪・江戸川中央リトルシニアに、レベルに違いを見せつけられたのだ。

 「江戸川中央リトルシニア戦では結構打ち込まれてしまい、正直レベルの高さを感じてしましまいました。とても悔しい思いをしましたね」

 三奈木投手はこの敗戦を機に、ここから大きな成長を見せる。以前までは、ピンチの場面でフォアボールを出すことが多くあったが、強い気持ちを持って練習や試合に取り組むことで課題を克服。チームに、流れを引き寄せることができる投手へと変貌を遂げたのだ。

 そして迎えた昨年8月のリトルシニア選手権大会。山口リトルシニアは、準決勝で江戸川中央リトルシニアを撃破し、三奈木投手はリベンジを現実のものとしたのだ。
 「去年、負けて悔しい思いをしたので、またこの舞台に帰ってきてやり返したいという思いがずっとありました。江戸川中央シニアを倒したことは、素直に嬉しかったですね」

【次のページ】 伸びが全然違った吉田輝星のピッチング

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

三奈木亜星
三奈木 亜星(みなぎ・あせい)
  • ポジション:投手
  • 身長体重:178センチ78キロ
  • タイプ:右投左打
  • 山口東リトルシニア
【関連記事】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第66回 史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件【名将たちの言葉】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第1100回 伸び盛りの二刀流・仲三河優太(大阪桐蔭)が目指すは投打での大活躍! 【2020年インタビュー】
第1100回 大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」 【2020年インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
三奈木亜星(浦和学院) 【選手名鑑】
吉田 輝星(金足農) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー