第855回 ガムシャラさから脱力を追求 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【前編】2019年01月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]大学3年から始まった俊足・荻野の道
[2]社会人に入って本格的に走塁技術を磨く

社会人に入って本格的に走塁技術を磨く


走塁技術について語る荻野貴司選手(千葉ロッテマリーンズ)

ーー では社会人に入ってどう走塁を磨かれてきたのでしょうか?

荻野 トヨタ自動車の先輩から学んだことが多かったと思います。本当に優秀な先輩たちばかりでしたので。やはり学んだのはスタートです。1、2、3歩目を意識して、どうすればスピードにうまく乗ることができるか。そのことを考えて取り組んでいました。

ーー そのスタートを良くするために、荻野選手はどういうことを意識されましたか?

荻野 昔は脚力に頼っていて、力んだ状態で走っていたと思います。社会人で走れる選手になるために意識したことはどれだけ脱力するのか。必要な時に力を入れて、走ることを意識しました。

ーー 盗塁するとなると、投手の観察の仕方も大事となります。観察面で変化したことはありますか?

荻野 走るためには投手の癖を盗む。そう考えていて、社会人になるまでは、投手のフォームの一部分を見ていたんですけど、社会人の投手は癖が出なくなりますので、投手の全体の動きを見て何となくモーションを盗むやり方に切り替えました。

ーー 勢いのまま走っていた走塁から、考えて走る走塁へ転換した荻野選手ですが、すぐに実践はできるようになったのでしょうか。

荻野 いやすぐには実践できなかったですね。意識していると語りましたけど、今でも理想の走塁ができるよう、勉強中です。まだ完成したわけではないので。

 前編はここまで!後編ではプロ入り後の走塁術やパフォーマンスの向上に繋がった「コウノエベルトスパイク」についても迫っていきます。

文=河嶋 宗一

鴻江トレーナーへインタビュー!
 ◆あの俊足プロ野球選手のひざ痛を克服させた「コウノエベルトスパイク」の秘密【前編】
 ◆スパイクの本質とは「故障」をさせないこと 選手の成長を支える「コウノエベルトスパイク」【後編】

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

荻野 貴司 (おぎの・たかし)
荻野 貴司 (おぎの・たかし)
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 経歴:郡山、関西学院大、トヨタ自動車
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:172センチ/75キロ
  • 出身地:奈良県
  • 生年月日:1985年10月21日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1110回 プロを目指して名門街道を駆け抜けた。世界一を知る今江敏晃コーチ(PL学園OB)から球児たちへのメッセージ 【2020年インタビュー】
第33回 高校生必見!プロ野球選手が実践する家で出来るトレーニング!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第11回 「1位は奥川か佐々木、どちらにいくんでしょうか」スポーツライター・小関順二さんがロッテのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第91回 ファーム2冠で2020年飛躍の助走へ 安田 尚憲(千葉ロッテマリーンズ)【高校野球コラム】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
第909回 スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】 【2019年インタビュー】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
第856回 自分が走りやすいメンタル、感覚、アイテムを大事に 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【後編】 【2018年インタビュー】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー