第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ2018年10月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]野球との出会い
[2]近江高校の中心選手として甲子園へ
[3]甲子園での経験を高校野球最後の1年に捧げる

 2年生ながら近江の正捕手として夏の甲子園8強入りに貢献した有馬 諒。複数の投手の持ち味を活かす巧みなリードと強肩で世代最高捕手との呼び声も高い。新チームからは主将に就任し、4番捕手と文字通りチームの中心選手となっている。今回は有馬に捕手としての心構えや甲子園での戦いについて聞いてみた。

野球との出会い


主将として先頭に立ってランニングをする有馬諒(近江)

――野球を始めたきっかけは何ですか?

有馬諒(以下、有馬):父が野球観戦が好きだったので、それで自分も興味を持ち始めました。小学1年生の秋に友人から地域の少年野球チームに誘われたのが始めたきっかけです。

――捕手を始めたのはいつからですか?

有馬:小学3年生から始めました。キャッチャーミットの形が他のグローブと違うところに魅力を感じていました。自分は人と違うことをするのが好きだったので、ポジションの希望を聞かれた時にキャッチャーと答えました。

――実際に捕手をやってみてどうでしたか 

有馬:小学生の頃は変化球がないので特にリード面はなく、肩には自信があってそれなりに投げられていたので、特に難しさを感じることなくノビノビやっていました。

――中学では硬式のクラブチーム(ヤング・奈良ウイング)に入ったのは何故ですか? 

有馬:甲子園に出るような強豪に行きたかったので、硬式に慣れて強豪校から声がかかるようになりたいと思っていたからです。

――中学時代の思い出は何かありましたか? 

有馬:自分は体で止めるのが苦手で、そういったところからキャッチャーの大事さと難しさを感じました。キャッチャーの難しさと楽しさを知る期間だったと思います。 

――捕手の楽しさを感じる時はどんな時ですか? 

有馬:盗塁を刺した時もそうですし、バッターが思ってもないボールで三振を奪うのはピッチャーの手柄ですけど、自分の中でもやりがいを感じます。 

――奈良県から近江高校に行こうと思った理由は何ですか? 

有馬:甲子園出場を第一目標に高校を選ぼうと思っていました。京山 将弥(横浜DeNA)さん世代の甲子園を見て、点数は取られましたが、バッテリー中心に作っていく多賀(彰仁)監督の野球に魅力を感じて、自分の実力をここで試したいと思ったのがきっかけです。 

【次のページ】 近江高校の中心選手として甲子園へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

辰巳涼介
有馬 諒(ありま・りょう)
  • ポジション:捕手
  • 身長:184センチ75キロ
  • タイプ:右投右打
  • 近江
【関連記事】
第30回 吉村卓也が注目の高校生ドラフト候補をピックアップ!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第237回 2019年のドラフトは「キセキの年」。奥川恭伸、佐々木朗希、森下暢仁の目玉投手3人の魅力とは??【ドラフト特集コラム】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
第233回 実力派左腕カルテットや地方に潜む速球派右腕など今年の高校生投手は粒揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第1036回 奥川恭伸と歩み、ともに成長を続けた捕手人生。これからも確かな実力をつけて球界を代表する捕手へ 山瀬慎之助(星稜) 【2019年インタビュー】
第1033回 なぜ奥川恭伸は超一流投手になったのか?それは高い次元を求めたマイナス思考にあった 【2019年インタビュー】
第1050回 「奥川の持ち味を引き出すことに関しては誰にも負けない」 奥川快投の裏には必ず山瀬慎之助(星稜)がいる 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第991回 周りの人に恵まれた天才型ショート・土田龍空(近江) 誰にも負けない活躍を見せる!【後編】 【2019年インタビュー】
有馬 諒(近江) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
金城 登耶(近江) 【選手名鑑】
林 優樹(近江) 【選手名鑑】
林 晃汰(智辯和歌山) 【選手名鑑】
近江 【高校別データ】
金足農 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー